ディスクブレーキで雨も安心 高級ロードバイク5選

ディスクブレーキ搭載のロードバイクは、欧米ではツーリングや街乗り用としてもすでに人気
ディスクブレーキ搭載のロードバイクは、欧米ではツーリングや街乗り用としてもすでに人気
日経トレンディネット

今、スポーツタイプの自転車(以下、スポーツ自転車)で長距離の自転車ツーリングや自転車通勤を始めるなら、ディスクブレーキを搭載したロードバイク(以下、ディスクブレーキ ロードバイク)がいい。レースにも使用される高性能・高価格モデルから、10万円台で買える入門モデルまで登場し、欧米ではツーリングや街乗り用としてもすでに人気が高い。

東京など全国に36店舗を展開するスポーツ自転車ショップ「ワイ・インターナショナル」の新宿本館(東京都新宿区)の那須信一店長に、ディスクブレーキ ロードバイクのメリットと選び方について聞いた。

雨天時もブレーキングが安定、太めのタイヤも

ディスクブレーキは、もともとオフロード走行時でも高い制動力を発揮する必要があるMTB(マウンテンバイク)用に作られたアイテム。那須店長は「近年、その制動力をオンロードに適した程度まで調整したロードバイク用ディスクブレーキが開発され、注目が高まっている」といい、近い将来はロードバイクでもディスクブレーキが中心になると予測する。

これまでロードバイクに搭載されていたリムブレーキは、ホイール(車輪)のリム(タイヤが付いている外縁部分)横をゴムなどでできているブレーキシューで左右から挟み込んで減速・停車する仕組みだった。

これに対し、ディスクブレーキはホイールの中心部に取り付けられた金属製のローターと呼ばれる円盤を、金属などの素材で作られたブレーキパッドで挟み込む仕組みになっている。そのメリットは、雨天時でも安定したブレーキングが可能で、安全性が向上すること。またリムブレーキ搭載ロードバイクよりも太めのタイヤを装着できるのもポイントだ。

「リムブレーキモデルの場合、タイヤ幅は25mm程度までしか装着できなかったが、ディスクブレーキロードバイクには28~30mmサイズも無理なく装着できる。太めのタイヤのエアボリュームによるクッション性の高さによって、長距離を走っても体に伝わる振動が軽減され、快適に走り続けられる」(那須店長)

油圧式かワイヤー式かに注目してディスクブレーキを選ぶ

ディスクブレーキにはオイルの力でブレーキパッドを作動させる油圧式と、リムブレーキと同じくワイヤーを引っ張って作動させる機械式の2タイプある。

上位モデルによく採用されている油圧式は特に制動力が安定し、ブレーキレバーの引きも軽くなる。よって手の小さい人も使いやすく、長い坂道などでブレーキを握り続けなければならない場合もストレスがない。那須店長も「ブレーキ性能だけを考えるなら、予算が許せば油圧式」と薦めるが、「油圧式はメンテナンスが難しい。定期的にプロショップに持ち込んで点検できる人向け」とも。

次のページ
長距離&通勤用ディスクブレーキ ロードバイク5選
MONO TRENDY連載記事一覧