WOMAN SMART

グルメ・トラベル

王様気分で試す? 高価なサフラン、睡眠改善に効果

2018/6/11

サフランライスを使用したパエリア

 パエリア、ブイヤベースなどの料理に使われるスパイス「サフラン」。アヤメ科の球根植物の花・サフランのうち、強い芳香を放つ、赤くて長い3本のめしべ部分が香辛料として使われています。一つの花からわずかな量しか取れないため、「世界一高価なスパイス」とも呼ばれるサフラン。貴重なだけではなく、摂取することでさまざまな体の悩みに効果が期待できると注目されています。

■黄色い色素「クロセチン」の力

アヤメ科のサフランの花

 パエリアなどに使われるサフランライスは、独特な黄色をしていますが、これはサフランに含まれる「クロセチン」という色素によるものです。クロセチンを研究している理研ビタミン ヘルスケア事業部の海貝尚史さんに、その特徴を伺いました。

 「サフランやクチナシの果実に含まれるクロセチンは、ニンジンに含まれるβ‐カロテンや、トマトに含まれるリコピンの仲間で、『カロテノイド』という天然色素に分類されます。カロテノイドは体のさびつきを防ぐ抗酸化力が高いことで知られていますが、その中でもクロセチンは、より早く体内に吸収されることがわかっています」(海貝さん)

■効果を発揮する4つの症状

 その抗酸化力の高さから、アンチエイジング効果が期待できるクロセチン。具体的にどのような体の問題を解消してくれるのでしょうか? 海貝さんによれば、これまでの実験や検証結果から、主に4つの症状への効果が認められているといいます。

睡眠障害

 「眠りが浅い」「目が覚めてもすっきりしない」など、不十分な睡眠によるホルモンバランスの崩れは、メタボリックシンドロームや肌あれの一因にも。クロセチンには眠りの質を高める(深い眠りをもたらす)働きがあり、理研ビタミンの行った実験では、「クロセチンを摂取することで、眠りが深くなり中途覚醒が減少した」という結果も出ています。

眼精疲労

 クロセチンは、パソコン作業等により低下したピント調節機能回復の促進や、目の疲れの改善に役立つことが期待できます。眼精疲労は肩や首すじの凝り、頭痛、不眠、視力の低下などに影響することもあるため、ひどくなる前にクロセチンを摂取するのがおすすめです。

WOMAN SMART新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL