ナショジオ

ニュース

燃料なしでロケットが飛ぶ? 夢のエンジンを初検証

日経ナショナル ジオグラフィック社

2018/6/9

ナショナルジオグラフィック日本版

NASAが開発中のEMドライブのイラスト(IMAGE BY ISTOCK, GETTY IMAGES)

 2016年11月17日、米NASAジョンソン宇宙センターの研究チームは推進剤を使うことなく真空で宇宙船に推力を与えられる電磁(ElectroMagnetic)推進システム「EMドライブ」の実験結果を発表した。EMドライブは、燃料を使わず、密閉された円錐形の容器の中で、マイクロ波を反射させるだけで推力を得るとされる。

 この発表に「物理法則に反する」と、科学者の多くは疑問視した。たとえてみると、スター・ウォーズのハン・ソロ船長が、ミレニアム・ファルコン号のダッシュボードに頭をぶつけるだけで宇宙船が飛び続けると主張するようなものだからだ。科学者でなくても、奇妙な話だと思うだろう。

 そしてこのほど、NASAとは無関係のドイツの研究者たちが、独自にEMドライブを製作し、2016年にNASAが成功したと主張する実験の結果を検証した。EMドライブは本物なのか、発表内容が注目された。

 その内容は、最近開催された宇宙推進会議の記録によると、「推進力は、EMドライブから発生したのではなく、何らかの電磁相互作用による」というものだ。

ナショジオ新着記事

ALL CHANNEL