あの人が似合うものが、あなたに似合うとは限らないファッションプロデューサー 五十嵐かほる

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

「お店の人が着ていて格好良かったから、一式購入しました」「雑誌で見て買っちゃいました」といった話をよく聞きますが、はい、それアウト! 実は、顔の形と骨格体形によって、似合うシルエットや柄、素材などが異なります。このため、必ずしも他人の似合うものが自分に似合うとは限りません。「自分に似合うものを知る」には「自分自身を知る」ことが必要です。「装い」は、いわばプレゼンテーション。「見せたい自分」になるための自己演出の技をお伝えします。




「良いものを買ったはずなのに、何だかあか抜けない」とか「女性からセンスを褒められたことがない」と嘆く人の多くが、「自分と物との相性」を考えずに洋服を選んでいます。相性を知るには、自分の魅力を知ることです。日ごろから自分自身を客観的に見つめ、どんな顔の形をしているのか、体形や肌の質感、全体的な印象など、まずは「今まで意識していなかったことを意識する」ことから始めましょう。

無意識だったものを意識していくうちに、これまで洋服を漠然と選んでいたり、流行や好みだけで選んでいたりしたものが「自分に似合うもの」という視点で選べるようになります。そして、自分と物の相性を知ることで、自分をよりすてきに見せるための美意識を形づくることにつながっていくのです。

■己を知り、「似合う」を見つける

顔型、体形、テイスト(個々人の持ち味)、色などによって人に与える印象には違いがあり、さらに身長と肉づき骨格の特徴から人に与える印象は細分化されます。

自分の外見の特徴が他者にどのようなイメージを与えているのかを、まずは理解しましょう。その上で、特徴を生かす、あるいは目立たせないように「さりげなくごまかす」ためのメソッドを身につけましょう。

そのためにはまず、自分自身の顔の形を理解する必要があります。なぜなら、洋服(トップス)のネックライン(襟ぐりの形)ヘアやスタイル、眼鏡、帽子まで、すべての相性が顔型に左右されるからです。

例えば、顔幅のある人がジャケットのラペル(下襟)幅の細いものを着ると、顔が大きく見えてしまいます。面長顔の人がジャケットのラペルのゴージ(上襟と下襟を縫い合わせた部分)の位置の低いものを着用すると、より顔が間延びした印象になってしまいます。また、顔幅の細い人がワイドスプレッドカラー(襟羽の開きの角度が大きい襟)のシャツを着ると、頼りない印象に見えてしまうのです。このように、自分が望んでもいないような印象を生みかねないからなのです。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019