近所探検、イベント…星野もマリオットも遊べるホテル

飲み歩きが得意なホテルスタッフが、ゲストをとっておきの酒場に案内する(星野リゾート OMO7旭川)
飲み歩きが得意なホテルスタッフが、ゲストをとっておきの酒場に案内する(星野リゾート OMO7旭川)

宿泊だけではなく、ホテルの役割がどんどん進化している。訪れる人たちにホテル周辺地域の魅力を案内したり、人と人のネットワークを生み出すイベントを仕掛けたり。新しいホテルのあり方を提案する星野リゾートの「OMO(おも)」、マリオット・インターナショナルの「モクシー」の2つのブランドを紹介する。

ホテルスタッフがゲストを町案内

2018年4月28日、北海道旭川市にオープンした「星野リゾート OMO7旭川」。「星のや」「リゾナーレ」「界」など特徴あるブランドを仕掛けてきた星野リゾートが、満を持して発表した第4のブランドが「OMO(おも)」である。

コンセプトは「旅のテンションを上げる都市観光ホテル」。町を楽しむという視点から考えられた新しいサービスの目玉は「Go-KINJO」だ。町歩きをしながら、地元民だからこそ知っているような情報を発見して、喜びを感じてもらおうというものだ。

旅の拠点「OMOベース」と名づけられたロビーには、直径2メートルの大きなマップ。掲載エリアはOMOから500歩圏内。飲食店やおすすめスポットは情報を更新できるようにマグネットで止めている

地元のおすすめ情報がコンパクトに詰まった「ご近所マップ」。町探索のおすすめコース案内「体験レポート」。モノづくりやご当地体験に取り組む「ご当地ワークショップ」、そして何よりユニークなのが、専任案内チームで構成される「ご近所専隊 OMOレンジャー」だ。

星野リゾート OMO7旭川の、お散歩が得意OMO GREENの一人、はるさん

ご近所の「専隊レンジャー」だから5色に分かれて、雑貨やカフェ、酒場巡り、ご当地のディープな食べ歩きなど、それぞれのレンジャーが得意分野のとっておきスポットに連れていってくれたり、特別な体験を案内してくれたりする。

宿泊者限定のプログラムで予約制。OMO旭川では、雑貨やカフェを巡るお散歩中心のOMO GREENは無料で所要1時間。その他の色のレンジャーは1000円(税込み)で2時間だ。

星野リゾート OMO7旭川で、OMO GREENと一緒に町歩きをしてみた。何と日本で最初の歩行者天国だという買物公園を中心に、「あらしのよるに」で有名な旭川の絵本作家、あべ弘士氏が運営するギャラリー、日本中のクリエーターのハンドメイド作品を集めた店、手作りチーズを目の前であぶって食べさせてくれる店など、実に魅力的な店がいっぱいで驚かされた。

星野リゾート OMO7旭川のOMOベース(ロビーラウンジ)にはシラカバの木がそびえる

星野リゾート OMO7旭川は、有名な旭川ラーメンのラーメンどんぶりを使ったランプやシラカバのテーブルがOMOベースを飾り、旅先で町街探索の作戦をいろいろ練ってほしいという「DANRAN Room」など、とても個性的なつくり。

旭川に続く第2弾として、星野リゾート OMO5 東京大塚も18年5月9日にオープンした。ここでも「ご近所専隊 OMOレンジャー」が活躍する。サービスだけでなく、施設にも遊び心がいっぱいに散りばめられている。

星野リゾート OMO5 東京大塚は、カフェのある大空間の「OMOベース」に同じく「Go-KINJO」マップがある。さらに、自動チェックインカウンターや、畳敷きのフロアの階上にヒノキのやぐら寝台が設けられた「YAGURA Room」という秘密基地のような部屋は、独自のもの。ホテルに泊まることでワクワクする面白さを提供してくれそうだ。

おすすめスポット満載の「Go-KINJO」マップ(星野リゾート OMO5 東京大塚)
ユニークなやぐらが室内に組まれた「YAGURA Room」。上下で最大3人が宿泊できる