ナショジオ

ニュース

アラビア半島で足跡の化石 人類はいつアフリカ出た?

日経ナショナル ジオグラフィック社

2018/5/26

ナショナルジオグラフィック日本版

数万年前のサウジアラビアは、カバなどの動物が歩き回る青々とした草原地帯だった(PHOTOGRAPH COURTESY SAUDI PRESS AGENCY (SPA), MINISTRY OF CULTURE AND INFORMATION, SAUDI ARABIA)

 サウジアラビアを調査していた考古学者グループが、同国北西部の町タブークで人類の足跡化石を発見した。8万5000年前ごろのものとみられる。同国文化情報省から入手した資料によると、かつて湖の底だった場所から、別々の方向を向いた複数の足跡が見つかったという。現生人類(ホモ・サピエンス)がアフリカの外に大量に移動したのは6万年前だったという定説よりも早く大量移動が始まっていた可能性がある。

 一帯で発掘調査を行っている考古学者のヒュー・グルーカット氏によると、足跡の分析はまだ続いており、今後数カ月で論文を発表する予定という。

 足跡が人類拡散の歴史を解明する手がかりとなるのは、これが初めてではない。2006年にはオーストラリアで、2万年前にできた足跡700個の化石が発見されたほか、2018年3月にもカナダ西海岸で、1万3000年前の足跡が見つかっている。

 また、サウジアラビアでは太古の人類の指の骨も見つかっている。2018年4月に発表された論文によると、この指の骨は8万8000年前のものと推定されており、今回見つかった足跡が確かに8万5000年前のものなら、指の骨とほぼ同時代ということになる。

 アラビア半島は、アフリカ大陸を出た人類が世界へ拡散していくうえで、重要な足がかりになったのかもしれない。今回の足跡の発見で、その可能性を裏付ける証拠が一つ増えた。

■定説は変遷する

 現生人類が初めて登場したのは、20万年前ごろのアフリカ東部。アフリカの外へ大量に移動したのは6万年前というのが定説だった。しかし、2018年になってアラビア半島の痕跡のほか、18万年前のあごの骨がイスラエルで見つかったことで、大量移動がもっと早く始まっていた可能性が浮上している。

 どれほどの人々がアラビア半島に移動したのかは定かではない。現在、広大な砂漠になっている場所は、8万年以上前には青々とした草原地帯だった。そこからは、無数の湖の痕跡に加え、カバや水生哺乳類などの骨も見つかっている。

 ドイツ、マックス・プランク研究所のマイケル・ペトラグリア氏は、訪れた約200カ所の古代湖のうち、80%で考古学的発見があったと前回の取材に答えている。石器の欠片が出土したケースもあるという。

 サウジアラビアは、人類拡散の歴史を解明する上でますます重要な場所になるだろう。なお、同国が外国の科学者による遺跡の発掘を許可しはじめたのは、かなり最近のことだ。

 ペトラグリア氏によると、サウジアラビアに滞在する考古学者チームは、古代の湖で発掘を続けるとともに、調査範囲を洞窟の中まで拡大する予定だという。

(文 Sarah Gibbens、訳 鈴木和博、日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック ニュース 2018年5月17日付]

ナショジオ新着記事

ALL CHANNEL