交響曲並みの打音がジャズを広げる ドラマー森山氏ドラマー森山威男ジャズを語る(下)

1970年代前半に山下洋輔トリオでフリー奏法で名をはせたジャズドラマー森山威男氏の後編。彼は今、ジャズについて何を思い、どう演奏しているか。4月20日、横浜市のライブハウス「ジャズスポット ドルフィー」でインタビューし、翌21日夜に「森山威男スペシャルクインテット」ライブを聴いた。

「熱湯を入れたフライパンを近づけて天井のムカデを退治している」という岐阜県可児市の自宅から上京し、横浜の歓楽街、宮川町の「ドルフィー」に入った森山氏。70代とは思えないしゃきっとした姿勢と足取り。ここで4月20~21日の2夜にわたり「森山威男スペシャルカルテット」と「同クインテット」のライブを催した。

このうち21日夜の「クインテット」のほうを聴いた。ドラムの森山氏、ピアノの板橋文夫氏、テナーサックスの川嶋哲郎氏、トランペットの類家心平氏、ベースの加藤真一氏の5人。「(ピアニストの山下洋輔氏と)2人でしかできない音楽がある」と森山氏は言いつつも、後輩のミュージシャンらと基本スタイルのフォービートジャズを大いに楽しんでいる風情だ。

フォービート回帰後も随所に噴火するフリー奏法

彼らのオリジナル曲を中心に、いずれの曲もメロディーがはっきり分かり、各奏者の即興のソロが入り、スイング感が伝わってくる。フュージョン風のノリのいい曲も多い。板橋氏のピアノは叙情にあふれ、類家氏のトランペットは夜空へのロマンを感じさせる。

しかしその中で森山氏のドラムだけが異様な変拍子を混ぜたリズムの洪水を浴びせる。美しいバラードでも、途中までせっせとハケでフォービートを刻んでいたかと思うと、いきなりフリースタイル風のはちゃめちゃな不規則リズムと爆音をたたき始める。そうなるとピアノやサックスも対抗せざるを得ない。非常に速いアドリブが各奏者の楽器から繰り出される。フォービートジャズの随所に凶暴なフリー奏法が潜み、突如として激烈に噴火する。「彼らもだんだん慣れてきたようで、もう何も言われなくなった。勝手にたたいていてもいいようだ」と森山氏はとぼけ顔で軽口をたたく。予約して前売り料金4500円で聴いたが、割安と思えるほど充実した内容のライブだった。

75年に山下トリオを退団し、フリージャズからフォービートに回帰したといわれる森山氏だが、そのドラムの衝撃は今なお持続している。20日のインタビューで明かされた彼の持論の続きを聞こう。

――現代のジャズとしては、マリア・シュナイダー・オーケストラなどのビッグバンド、あるいはヒップホップとの融合を感じさせるロバート・グラスパーなど、米国のミュージシャンが最先端として挙げられそうだ。一般論として日本を含め今のジャズの状況をどう思うか。

「過激なことを言うようだが、軟弱だと思うね。聴衆を意識した音楽が多い。山下トリオは聴く人を意識していなかった。そこが大きな違いだ」

エンタメ!連載記事一覧