ナショジオ

動画

白鯨が大量の獲物を丸のみ お食事前に品定め

日経ナショナル ジオグラフィック社

2018/5/25

ナショナルジオグラフィック日本版

 地球最大の動物シロナガスクジラが大量のオキアミを食べる姿がドローンで撮影された。貴重で美しい映像に、クジラが獲物を丸のみするダイナミックな姿が映る。ただ、体重が200トンにもなるシロナガスクジラは、体をわずかに動かすだけでも多くのエネルギーを消費する。このため、クジラは餌を捕る際に、「省エネ」も考慮していることが分かった。

 撮影したのは、米オレゴン州立大学海洋哺乳類研究所のリー・トーレス氏が率いる研究チームだ。ニュージーランドに近い南極海で撮影された映像には、オキアミの群れを見つけたクジラが、体力を消耗するだけの価値があるか、獲物を品定めしている瞬間が見られる。映像で薄い茶色の塊のように見えるのが、体長約5センチのエビに似た甲殻類オキアミだ。

 シロナガスクジラがオキアミを食べるときは、横向きになって口をわずかに開く。それから尾を上下に動かして、スピードを上げてオキアミの群れに向かって口から突進するのだ。研究者によれば、クジラが群れに近づくスピードは時速約10.8キロ。その後大きな口を開くが、この動作には、さらにエネルギーを使うため、時速約1.8キロに減速してしまう。

 「自動車の運転中、100メートルごとにブレーキを踏み、またアクセルを踏むようなものです」と、トーレス氏は説明する。「クジラは、ブレーキをかけてまでオキアミの群れを食べるべきか、選択しているのです」。再び泳ぐ速度に戻すのにも、たくさんのエネルギーが必要になる。だから、シロナガスクジラは狙う群れを慎重に選ぶというのだ。エネルギーを消費するのに見合わない量のオキアミしかいないときは、クジラは口も開けずにオキアミの群れを素通りする。

(日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2017年4月26日付記事を再構成]

詳しい記事はこちら

ナショジオ新着記事

ALL CHANNEL