出世ナビ

女性管理職が語る

ご褒美はアンパン…でも幸せ 私を変えた成功体験 日本航空執行役員 中野星子氏

2018/4/19

中野星子・日本航空執行役員

管理職として活躍する女性が仕事やプライベート、働き方への思いを自らつづるコラム「女性管理職が語る」。これまで8人の女性管理職が交代で執筆してきましたが、今回は新しい筆者、日本航空執行役員の中野星子氏に寄稿してもらいました。

◇  ◇  ◇

私は1982年に女性総合職1期生3人のうちの1人として日本航空に入社しました。主に営業畑を歩み、関連会社の社長を経て、2014年4月に現職に就きました。

今の仕事は支社長のような役割です。近畿、中国、四国地方を統括し、一緒に働く仲間は約4300人です。関西経済連合会評議員や関西経済同友会幹事など、社外で就いている役職の数も30になります。

順風満帆と思われるかもしれませんが、私の昇格は部長になるまで同期に比べて常に遅れていました。本社の会議に私が出席すれば、必ず「君、誰の秘書?」と聞かれ、営業先では「え、うちの担当、女性?」と絶句されました。

社内では売り上げが上がると「女性は得だね」、下がると「やはり女性には無理」と言われ、何度も悲しい思いもしました。それでも仕事を続けられたのは(1)家族の理解と協力(2)上司に恵まれたこと(3)仕事へのやりがい――があったからだと思います。

夫は残業や接待などで私の帰宅が深夜でも「大変だね」、出張で長期間不在にしても「カレンダーに書いておいて」と言うだけでしたので精神的に助かりました。家事の分担はゴミ出しとお皿洗い、お風呂掃除は夫、それ以外は私です。2人とも管理職になって忙しくなった頃には、母が家事を手伝ってくれました。

上司にも恵まれました。かつては旅行会社への営業は相手先も含め男性一色でした。そこへの私の異動を可能にしてくれたのが1人の男性管理職です。私を受け入れることにちゅうちょしていた上司には「僕が責任持つから」と説得してくれたそうです。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL