広がる男性向け洋服レンタル 「勝負スーツ」も借りる特集 目指せ!「持たない」生活(中)

増えている男性向けファッションレンタル。LINEでスタイリストからアドバイスを受けられるサービスも
増えている男性向けファッションレンタル。LINEでスタイリストからアドバイスを受けられるサービスも

最近広がりを見せているシェアリングサービス。上手に利用してできるだけ身軽な生活を目指したい。シェア自転車を実際に利用してみた前回の「増えるシェア自転車 スマホで予約、通勤にも人気」に続き、今回取り上げるのは「男性向けのファッション・レンタルサービス」だ。服は部屋の中でスペースをとりがちなアイテムの上、特定の季節にしか着ない服も多い。必要な時だけレンタルすれば、部屋をより広く使えるはずだ。

増える男性向けのサービス

ファッションレンタルは、女性向けのサービスが多いイメージだが、最近は男性向けのサービスも充実している。

たとえばDMM.comが提供する「DMMいろいろレンタル」は、スーツやカジュアルファッションをはじめ、スポーツウエアやシューズ、ネクタイなどの小物まで幅広いアイテムをそろえている。スーツであれば、レンタル期間は最短2日間で5800円(税込)から借りることが可能だ。DMM.comの広報担当によると「近年はスーツでの出勤が当たり前ではなくなり、常時保有する必要性が減っていることから、不定期なイベントのときなどに都度レンタルする需要が増えている」。20~40代がメインで、具体的な数値は公表していないが「利用者は年々増えている」そうだ。

スーツから普段着、スポーツウェアまでさまざまなファッションをレンタルできる「DMMいろいろレンタル」(DMM.com提供)

カシカリ(さいたま市)がサービスを提供している「KASHI KARI」は、ネクタイやカフス、チーフなど、ビジネスシーンで使う小物をメインに取り扱っており、ポールスミスやバーバリー、アルマーニなど有名ブランドのアイテムを取りそろえている。

3種類の月額制プランが用意されており、最も安いプランは3600円(税込)で同時に3アイテムまで借りられる。月額プランの利用期間中であれば、返却期限はなく、さらにアイテムは何度でも交換OKだ。

主な利用者は30~40代で、中でも金融機関や不動産業界の営業職、中小企業の経営者、大手企業の部・課長クラスなど、比較的高収入なビジネスパーソンの利用が多いそうだ。冠婚葬祭など不定期なイベントでの利用はもちろんだが、「営業先のお客様から信頼を得るために身なりを整えるというニーズが非常に多い」(広報担当者)。利用者数は昨年比で2倍に増えている。今後は、バッグやスーツケースなどの大きなアイテムや、ジャケット・パンツといったビジネスアパレルの拡充も検討している。

KASHI KARIは、ビジネス関連の小物に特化したサービスだ(カシカリ提供)

キーザンキーザン(大阪市)が運営する「leeap」では、担当のスタイリストがつき、LINEを使って一対一でコミュニケーションをとることができる。

次のページ
LINEでファッションの相談をする
MONO TRENDY連載記事一覧