溶岩のような地滑りの映像 車や家をじわじわと襲う

日経ナショナル ジオグラフィック社

2018/4/27
ナショナルジオグラフィック日本版

溶岩のようなドロドロの土が、広い草原をゆっくりと流れていく――。そんな怖ろしい映像をご覧いただきたい。青海チベット高原の村で2017年9月に撮影されたものだ。

この動画は、中国のソーシャルメディア微博(Weibo)と微信(WeChat)に投稿された。突然発生してあっという間に押し寄せる土砂災害もあるが、この動画の地滑りはゆっくりと移動している。地元メディアによると、死傷者は出ていないが、動画にも映っている牧場と自動車が巻き込まれたという。

なぜこのような現象が起きたのか、はっきりしたことは専門家にもわからない。動画が世界中のソーシャルメディアに拡散されると、1年中凍結しているはずの永久凍土が解け出していることが原因ではないかという意見が多く飛び出した。永久凍土が融解によって地面が崩壊した地形を「サーモカルスト」という。

寒い地方の永久凍土には、重要な役割がある。凍土の上にできた土の層が安定するおかげで、そこで草木が根を張る土台ができる。この永久凍土が解け始めれば、上の土壌を支えることができなくなり、地盤はひどく不安定になる。地下に永久凍土がどれだけ存在するかにもよるが、近隣住民に危険が及ぶ恐れもある。

しかし、永久凍土の融解が今回の地滑りの原因かどうかはわかっていない。例年よりも暖かい気候によって、凍結した土壌の表面が一時的に解けただけで、永久凍土全体としては、大きな変化はないかもしれない。科学者は、この動画だけでは原因を断定できないとしている。

(日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2017年9月15日付記事を再構成]

詳しい記事はこちら

ナショジオメルマガ
注目記事
ナショジオメルマガ