SNS・通販…増えるアカウント 安全管理のツボは?

日経パソコン

「パスワードはどうすれば強くなる?」「不正アクセスがないか調べられる?」「SNSが乗っ取られたときどうする?」など、アカウントを安全に管理するための基礎知識を紹介する
「パスワードはどうすれば強くなる?」「不正アクセスがないか調べられる?」「SNSが乗っ取られたときどうする?」など、アカウントを安全に管理するための基礎知識を紹介する
日経パソコン

MicrosoftアカウントやGoogleアカウント、Amazonアカウントなど、多くの人が数多くのアカウントを利用しているはずだ。他のWebサービスと連携するなど利便性が高い一方で、セキュリティーリスクもある。そこで「パスワードを強くする」「不正アクセスがないか調べる」「SNSが乗っ取られたときはどうする」といった、アカウントを安全に管理するための基礎知識を紹介する。

Q パスワードはどうすれば強くなる?

アカウントの乗っ取り被害を防ぐ第一歩はパスワードの強化だ。基本は以下にあげる「パスワードを守る3箇条」の通り。

できるだけ複雑にする:連番などの単純なパスワードを使わない。大文字・小文字、数字、記号を制限の範囲内で組み合わせる。

推測できないパスワードにする:生年月日、電話番号、名前などを使わない。

使い回さない:同じパスワードを使い回すと漏洩時の被害が拡大するので、Webサービスごとに変える。

しかし、分かっていても、全てのアカウントでこの原則を守るのはなかなか難しい。

自分で強固なパスワードを作成して管理するのが難しいと思うなら、パスワード管理ツールに任せるという手もある。

●強固なパスワード作成
●暗号化して保管
●アカウントの自動入力

以上の3点が管理ツールの主な役割。無料のWebサービスもあるが、本気で守りたいなら有料のツールも検討してみよう。

セキュリティソフトのメーカーであるトレンドマイクロのパスワード管理ツール「Password Manager」。Webサイトから無料版をダウンロードして試せる

Q 生体認証なら安全?

指紋認証や顔認証など、生体認証機能を搭載した機器が増えている。パスワードに比べて安全性が格段に高いのは事実だが、何事にも「絶対安全」はない。写し取った指紋が認証されたり、指紋偽造用のアプリが開発されたりと、危険性は少しずつ高くなっている。生体認証だけに頼らず、ほかの安全対策と併せて考えるのがよいだろう。

Q パスワードを忘れた!

パスワードを忘れても慌てる必要はない。通常はログイン画面に「パスワードを忘れた」といったリンクがあるのでクリックする。メール、電話、秘密の質問などで本人確認ができれば、パスワードを再設定できる。Windows でMicrosoftアカウントを忘れて起動すらできない羽目になっても、専用のWebサイトでアカウントの回復申請ができる。

MicrosoftアカウントはWebサイトからリセットできる(バージョン1709からはロック画面からも可能)

Q アカウントをより強固にする「2段階認証」って?

考え抜いたパスワードを設定しても、運営側からの情報漏洩などで外部に漏れることはある。そんな最悪の事態でも、大事なアカウントを乗っ取られない防御策の一つが「2段階認証」(「2要素認証」などとも呼ばれる)だ。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧