超監視時代 治安維持か抑圧か、新しい機器や技術も

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

監視カメラ、ナンバープレート認識装置、ドライブレコーダー、カメラ付きドアホン、そして個人所有のスマートフォン(スマホ)……技術の進歩により、人々を「監視」するすべは多様化している。プライバシーはもはや過去のものなのだろうか? ナショナル ジオグラフィック2018年4月号では、新たな監視社会に移行しつつある世界の現実を取材、レポートしている。

◇  ◇  ◇

独裁体制に対する恐怖感が欧州を覆っていた1949年、英国の小説家ジョージ・オーウェルが『1984年』を世に出した。「ビッグ・ブラザーがあなたを見ている」という陰鬱な警告が人々を震え上がらせる暗い近未来を描いた傑作だ。「ビッグ・ブラザー」とは、姿を見せない「偉大なる兄弟」で、市民を常に見張る国家権力を象徴している。監視社会の怖さを実感させる内容だったが、当時はまだ、それを実現するような技術は存在しなかった。

しかし今、インターネット上では年間2兆5000億点を超す画像が公開、保存されている。そして、一般の人たちが撮りためている未公開の写真や動画は数十億点にのぼるとみられ、私たちの個人情報はスマホやソーシャルメディアのアカウントから、いくらでも引き出せる。ドライブレコーダーやカメラ付きドアホンなど、個人の行動を監視する機器や技術も多様化。道路には自動ナンバープレート認識装置が設置され、スピード違反や駐車違反ばかりか、英国では容疑者の動きも監視している。

オーウェルが描いた抑圧的な監視社会はもはや既成の事実なのか? それとも、進行中の事態をそれほど悲観する必要はないのか?

監視先進国、英国の実情

「英国ほど監視に意欲的な国は、世界のどこにもありません」と語るのは、英国内務省の監視カメラ監督官トニー・ポーターだ。ロンドンに監視カメラ網を張りめぐらす構想が最初に浮上したのは1990年代初頭。きっかけは、アイルランド共和国軍による爆弾テロが2回連続で起きたことだった。それ以降、監視カメラは猛烈な勢いで増えていった。

注目記事
次のページ
「治安のため」ならOK?
今こそ始める学び特集