タクシー運賃、自由じゃだめ? 配車増えれば効率向上

雨や雪の日に駅前でタクシーに乗ろうとすると乗り場に行列ができていることも珍しくありませんが、それでも運賃が上がることはありません。日本のタクシー運賃は認可制で、運賃を柔軟に変えるのは難しい仕組みになっているからです。

こうした日本のタクシー料金に対し、世界でライドシェア(相乗り)サービスを展開する米ウーバーテクノロジーズは疑問を呈しています。ダラ・コスロシャヒ最高経営責任者は2月、「当社が参入するだけで生産性を高められる。特に効果が大きいのは『ダイナミックプライシング』のシステムだ」と述べました。これは雨天時など需要が大きくなったときに機動的に運賃を上げる仕組みで、ウーバーは米国などで導入しています。

日本のタクシー運賃が固定的なのには理由があります。大都市圏では公共の乗り場に来た人や道で手を上げた人を乗せる「流し営業」が大半です。乗ってから高い運賃だったことに気付くようだと、乗客は困ってしまいます。だれもが利用する公共交通機関なのだから、運賃がころころ変わるのは望ましくないという考え方があります。

ただタクシーの乗り方も変わりつつあります。スマートフォンなどを使って指定の場所に車を呼ぶ配車が増えているのです。タクシー運転手歴29年の男性は「東京の渋谷区や世田谷区あたりだと、流しよりも配車のほうが利用者が多くなった」と話しています。配車なら乗る前に運賃を確認できます。

米スタンフォード大学のフアン・カスティージョ氏らは配車利用が増えた場合、タクシー運賃はダイナミックプライシングが望ましいという研究結果を発表しています。配車だと利用者を迎えにいく必要があるので、需要が急増する局面では客を乗せている時間よりも迎車にかける時間のほうが長くなります。こうしたときは運賃を上げて需要を減らせば、客の待ち時間と客を乗せずに走っている車の両方を減らすことができ、全体の利用効率が高まるそうです。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧