シリア難民、「児童婚」が増加 女児に深刻な人権侵害

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

12歳でトルコに逃れ、13歳で婚約、14歳で結婚したKさん(15歳)。20歳の夫と離婚したばかりだ。2人の仲はうまくいっていなかったので、離婚して良かったとKさんは言うが、再び教育を受けられる望みは薄い(PHOTOGRAPH BY ÖZGE SEBZECI)

中東シリアで内戦が起きると、難民となってトルコなど隣国で暮らす人々が増えた。たとえばトルコ、アナトリア地方の工業都市カイセリには、約6万人のシリア難民がいる。そして今、それら隣国で、難民たちが10代の娘を嫁がせる「児童婚」が増えている。結果、少女たちが若くしてシングルマザーになる例も増えているが、社会の関心は薄い。

写真家のアズゲ・セブゼジ氏はこのほど、シリア難民の子どもたちの間で広がる結婚と離婚について、自身の母国トルコでの実態を取材した。セブゼジ氏によると、この問題はトルコ国内でもほとんど知られていないという。

13歳という幼さで非公式の結婚をする少女もいる。結婚生活が続かず、小さな子どもを抱えながら15歳で夫から離婚を告げられ、移住先の国で成功するのに必要な教育や機会の可能性が閉ざされることもある。「離婚は簡単です。夫が妻に『離婚する』と3回言うだけでいいのですから」とセブゼジ氏は話す。「トリプル・タラーク」と呼ばれるイスラム教スンニ派の法だ。「普通なら離婚の際に得られるはずの相続財産や扶養料も、彼女たちには権利がありません」

シリア難民に豊富な人脈を持つある人物に手伝ってもらい、セブゼジ氏は少女たちやその母親たちにインタビューを実施。問題の根本的な原因を理解しようとした。なかには自身も10代で結婚した母親もいたが、大半は違った。国連人口基金によれば、内戦勃発前のシリアでは、児童婚は今よりずっと珍しいことだった。ある推計では、現在のシリア難民の児童婚の割合は、内戦前のシリアと比較して4倍に増加しているとされる。

早い結婚に家族が同意する理由はさまざまだ。娘を嫁がせれば経済的負担が軽くなるという現実的な事情もあれば、娘を利用しようとするよそ者から、娘の名誉を守りたいと願う場合もある。内戦で父親を失ったある幼い花嫁は、セブゼジ氏にこう語った。「父が生きていたら、絶対に許さなかったと思います」。だが、彼女の母親は娘の求婚者から強く迫られ、押し切られてしまった。

ナショジオメルマガ