ヘルスUP

日経Gooday 30+

中性脂肪減らす運動 お勧めは「スロースクワット」

日経Gooday

2018/4/1

中性脂肪を減らしたいのであれば、有酸素運動に加えて、スクワットなどの無酸素運動をすることが大事だそう。写真はイメージ=(c)undrey-123RF
日経Gooday(グッデイ)

 一般に、飲酒によって中性脂肪が上がるといわれているが、適量までなら中性脂肪は上がらないことを「中性脂肪の元凶 実は『酒』より『おつまみ』だった?」で紹介した。そして、中性脂肪を減らす食事のコツについては、前回「中性脂肪減らす食事 とりたいのは『オサカナスキヤネ』」でお伝えした。今回は中性脂肪を減らす運動の方法について、酒ジャーナリストの葉石かおりが栗原クリニック東京・日本橋の院長・栗原毅さんに聞く。

◇  ◇  ◇

 中性脂肪対策というと、食べ物だけでなく、やはり運動もつきものであろう。運動というと、真っ先に思いつくのはジョギングや水泳といった有酸素運動だが、先生、実際はどうなのでしょう?

■有酸素運動だけでなく、無酸素運動も

 「中性脂肪を減らしたいのであれば、有酸素運動に加えて、無酸素運動、つまり筋トレなどをすることをお勧めします」(栗原さん)

 こう聞いて、「えーーっ! 有酸素運動だけじゃダメなの??」と心の中で思っている人も多いのではないだろうか。実際、脂肪を減らすなら有酸素運動、具体的にはウオーキング、ジョギングなどがいいと思われがちだ。

 「有酸素運動だけを続けていても、なかなか中性脂肪が下がらない人がいます。なぜ、下がらないのか? そのカギとなるのが『脂肪筋』です。脂肪筋とは文字通り、筋肉の中にある脂肪を指します。最近の研究では、この脂肪筋が問題視されており、まず脂肪筋を減らさないと脂肪肝や血液中の中性脂肪が減りにくいことが分かってきたのです。脂肪筋をとるには、有酸素運動に加え、無酸素運動(筋トレ)を併用するのが有効です」(栗原さん)

■スロースクワットのやり方

 確かに、これは実体験をもって筆者も理解している。週に3~4回、4キロほど走っていたが体重、中性脂肪ともになかなか減らなかった。しかし筋トレを始めた途端、滞っていた水が流れるかのように、するっと体重が落ち、中性脂肪も基準値に下がったのである。もちろん個人差もあるのだと思うが、筋トレはやはり効くのだ。今はウオーキングまたは室内での踏み台などの有酸素運動に加え、筋トレを欠かさない。

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL