ヘルスUP

病気・医療

親指や手首がピリッ! その痛み、スマホのせいかも? スマホ世代に増加する手のトラブル(上)

日経ヘルス

2018/4/2

 一方、近年アメリカで「スマートフォンサム」として話題になったのがドケルバン病だ。スマホを持ったほうの手の親指で画面をスクロールする、親指でパソコンのスペースキーをたたくなど、「親指を伸ばして、外側へ広げる動作で痛みを感じることが多いようだ」と高林院長。

手首を甲側へ曲げる動作や親指を広げる動作が親指の筋肉(短母指伸筋)に負荷をかけ、痛みが生じることがある(イラスト:三弓素青)

 ドケルバン病を疑うときは、まず下のセルフチェックを試してみよう。

右側のチェックで痛みが走り、親指をまっすぐ上に伸ばしたり、親指を外側に広げて痛むときはドケルバン病の可能性がある。右側の1~3だけが痛む場合は、ひじの腱鞘に炎症が起きている可能性がある(イラスト:谷小夏)

 一方、四谷メディカルキューブ手の外科・マイクロサージャリ─センター長の平瀬雄一医師は、「腱鞘炎は手の使い過ぎだけが原因ではない。女性ホルモンのエストロゲンも発症に関わっていると考えられる」と指摘。平瀬医師によると、エストロゲンには腱や滑膜(かつまく、関節を包む膜)の腫れを取る作用がある。だから本来、腱鞘炎に至る前にエストロゲンが腫れを抑えてくれるわけだ。

 だが「更年期に入り、エストロゲンが減少すると、腱の膨張を抑えられず、腱鞘炎になりやすくなる」と話す。次回以降の記事では、痛みを感じたときのセルフケアや病院での治療を紹介する。

高林孝光さん
 アスリートゴリラ鍼灸接骨院(東京都足立区)院長。柔道整復師、鍼灸師。上肢のケアを得意とする。腱鞘炎のセルフケアに詳しく、痛みに悩む人が全国から来院。主な著書に『腱鞘炎は自分で治せる』(マキノ出版)など。
平瀬雄一さん
 四谷メディカルキューブ(東京都千代田区)手の外科・マイクロサージャリーセンター長。日本手外科学会専門医。米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学後、東京慈恵会医科大学附属柏病院形成外科医長などを経て、現職。手の疾患とエストロゲンの関連に詳しい。

(ライター 海老根祐子、構成:日経ヘルス 岡本藍)

[日経ヘルス2018年4月号の記事を再構成]

日経ヘルス 2018年 4 月号

著者 : 日経ヘルス編集部
出版 : 日経BP社
価格 : 600円 (税込み)


ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL