正解は、(2)正しくない です。

「水道水」ではなく「人工涙液」で目を洗おう

花粉が気になったときや帰宅時には、目を洗って花粉を洗い流すことが大切です。ただし、水道水で洗うのは避けた方がいいと、東京女子医科大学眼科臨床教授の高村悦子さんは言います。水道水に含まれる塩素で目を傷つけてしまう恐れがある、というのがその理由です。

では、まぶたと一緒に洗うタイプの洗眼薬はどうでしょう? これについては、「デリケートな目元の皮膚を何度も洗うことになるので、お勧めしません。洗うのは目だけでいい」と高村さん。

高村さんのお勧めは人工涙液。それも防腐剤が入っていないものです。人工涙液とは、涙に近い成分になるように作られた点眼薬で、ドライアイや異物感などの不快な症状の改善に役立ちます。

「人工涙液は涙に近い成分なので、安心して使えます。しかも防腐剤不使用だと、目を洗うのに最も適しています。防腐剤として使われるベンザルコニウム塩化物(BAK)は界面活性剤なので、高濃度の度重なる接触により、角膜上皮障害を引き起こすことがあります。また、BAKは接触皮膚炎を起こしやすいことも分かっているからです」

人工涙液を目からあふれるくらい、2、3滴さして、あふれた分を軽くティッシュで拭き取れば、目の表面は十分に洗われます。コンタクト装着時も点眼可能ですし、冷蔵庫で冷やして使うと気持ちよく、気分のリフレッシュも期待できます。

用法・用量を超えた目薬の使用は厳禁

ちなみに、花粉症シーズンのアイケアのためには、目薬をこまめにさせばよいと思っている人もいるでしょうが、高村さんによると、用法・用量を超えた使用は厳禁だそう。

「例えば、充血をとるための目薬(血管収縮剤を含む)を長期的に使用し続けると、リバウンドを起こし、かえって慢性的な充血を引き起こす場合もあります。病院に行く時間がないからと市販の目薬を常用・乱用する人もいますが、それは控えてください」(高村さん)

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント