合併したといっても、育ってきた文化まで変えてください、というわけにはいきません。チームを運営する上でどうまとめるか、これは相当苦労しました。ただ、どちらも理屈っぽいという共通点がありました。理屈が分かる文化だったんです。そこがよかったんですね。これに加えて、僕にはラグビーで培った「まあまあ」の精神があった。つまり仲良くする、ですね(笑)。

進藤氏は「会社の後を託すリーダーは、ラグビーのリーダーと同じように選ぶ」と話す

2012年には、住友金属と新日鉄が合併しました。この2社も、理屈っぽさは共通でした。住金出身の人は、「新日鉄の人は理屈っぽい」と思っていたでしょうが、僕は意外と彼らも理屈っぽいなと思いました。今では文化や価値観の違いで生まれるような、いさかいはないですね。

必ず訪れるリーダーのバトンリレー。後継者には「優秀なプレーヤー」より「チームワークを大事にする人」を選ぶ。

ラグビーでいえば、主将はプレーがうまくて、チームに貢献できる度合いも高く、人格も立派で、チームワークを維持することに意欲を持っている人、これが理想です。しかし、そうではない場合もある。そのとき、僕はチームワークを維持する意欲の強さを重視します。

ラグビーには、「オナー・イズ・イコール」という言葉があるんです。味方のトライが決まったら、決めた人だけが栄誉を受けるのではない。パスをした人、タックルをした人、スクラムを支えた人、みんなが受ける栄誉は等しい、という考え方です。仮に技量が少し劣っても、縁の下の力持ちというか、目立たないけれどきちんと貢献しているか、その意欲があるか。ラグビーのリーダーはそれで選ばれると思います。

私もそうします。後を託すリーダーには、チームワークを大事にする人を選びます。どれだけ一人うまくても、勝てるスポーツじゃないからです。ビジネスでも同じです。世の中に一人でやる仕事はほとんどないのだから。僕はいろんな会社の社長や組織の長と話をしてきました。偏見かもしれませんが、どの組織もプレーヤーとしての能力が優れた人よりも、チームを維持することにたけた人が選ばれているな、と思いますね。

進藤孝生
1973年一橋大経卒、新日本製鉄(現新日鉄住金)入社。人事、総務、経営企画に携わり、ハーバード大学大学院で経営学修士(MBA)を取得。12年に新日鉄住金副社長となり、14年から現職。秋田県出身。68歳。

(松本千恵)

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら