出世ナビ

学校のリーダー

孫さんも驚く?久留米大付設高、医学部合格はトップ級 久留米大学付設中学・高校の町田健校長

2018/2/18

福岡県久留米市にある久留米大学付設中学・高校

 福岡県久留米市にある中高一貫の男女共学校、久留米大学付設中学・高校(通称は付設)。ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏や、「ホリエモン」の愛称で知られる堀江貴文氏など著名な起業家を輩出している。2017年には国公立大学医学部の合格率で全国トップクラスの実績を上げた。人口30万人あまりの九州の地方都市から、なぜ医学部に強い有名進学校が生まれ育ったのか。久留米の「付設」を訪ねた。

■国公立医学部に3人に1人

 「実は孫さんは私の1年後輩にあたるんですが、高校に入学して半年ぐらいで渡米したようなので、在学中は知るよしもなかった。ただ、当時の地理の担当教員が孫さんの相談に乗って『世界に飛び出せ』と助言したといっていましたね。もちろん今の在校生は孫さんが学んだ学校だとよく認識しています」。付設の町田健校長はこう話す。

言語学者でもある町田健校長

 町田校長は著名な言語学者でもある。付設から東京大学に進学。名古屋大学の教授時代にテレビに度々出演していたが、60歳になるのを機に故郷に戻り、17年4月に校長に就任した。町田校長は、「いや、母校の躍進ぶりには驚きました。孫さんとか、僕らの時代以前は東大合格者は2ケタに達していなかったんじゃないかな。当時から医学部に行く生徒は多かったけど、今の方が進学実績が格段に上がっています」という。

 付設の1学年の定員は中学が160人、高校は200人で、福岡市の公立トップ、修猷館高校や福岡高校のほぼ半分の規模だ。17年の合格実績は東大27人、京都大学7人。そして国公立大学医学部医学科は実に78人。「国公立の医学部合格者数は過去最高を記録しました。3人に1人強ですね、合格率だと、全国トップクラスになります」と教頭の名和長泰先生は話す。しかも東大理科1類や理科2類よりも難易度の高い九州大学医学部医学科に28人が合格している。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL