ファイストス、イースター島、マヤ 謎の古代文字3選科学で迫る世界のミステリー

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

ファイストス宮殿の遺跡で見つかった円盤。謎の文字らしきものが刻まれている(写真:C messier)

世界には、まだ謎に包まれた古代文明がいくつもある。文明や王朝の詳しい記録が残っていないものもあれば、記録らしきものはあるが、その文字の解読が進んでいないため、詳細がわからないものもある。ここでは、ナショナル ジオグラフィックの別冊『今の科学でここまでわかった 世界の謎99』の中から、文明の謎を解く鍵となるかもしれない、3つの古代文字を紹介しよう。

ファイストスの円盤

1908年、イタリアの考古学者ルイジ・ペルニエルは、ギリシャのクレタ島にあるファイストス宮殿の遺跡で直径15センチほどの焼成された粘土盤を発見した。紀元前1700年ごろにクレタ島で栄えた青銅器文明ミノアのものと推定される。文字と見られる符号が渦巻き状に刻印されているが、まだ解読されていない。符号の刻印には印判が用いられていることから、量産する技術の存在がうかがえるが、今のところそれを証明するような発見はない。

クレタ島の古代遺跡で2番目の規模を誇るファイストス宮殿(写真:Olaf Tausch)

全部で242ある文字は、45種類で構成されており、61の区画に分けられている。文字の多くは一見して何だか分かる図柄で、刺青を施した頭部、矢、プラタナス、ネコ、ハチの巣などの形をしている。それぞれの文字が音の集合か音節を表している可能性があるが、数が少なすぎて解読には至っていない。同様の文字が書かれた他の工芸品は見つかっていない。

解読が試みられてきたが、決定的な解釈はない。クレタ島の文字か外国の文字かという点でも意見が分かれる。また、外側から内側に向かって読む、音節を表す文字だという人もいれば、内側から外側に向かって書かれた、音を表す文字だという人もいる。中には円盤自体がいたずらか捏造品だとする専門家もいるが、本物だというのが大方の意見だ。初期のミノア文明の他の遺物と同じように、この円盤も秘密のベールに包まれている。

ナショジオメルマガ