WOMAN SMART

ヘルス

腰痛の原因は「利き尻」 痛くならない座り方、立ち方

日経ヘルス

2018/1/30

「利き尻」に体重を乗せ続けると、腰痛やぎっくり腰などの原因になります(写真:鈴木宏)
日経ヘルス

 「利き手」があるように、お尻にも、いつも体重をかけてしまう「利き尻」がある。これが骨盤の傾きを招き、腰痛、ぎっくり腰などにつながるという。また、長時間座り続けて、いざ立とうとすると腰が重いのは、骨盤のゆがみがリセットされないままだから。利き尻による悪影響を最小限に抑える座り方、骨盤と肩甲骨のゆがみをリセットする立ち上がり方を紹介しよう。

【ラクに猫背が改善、腰が痛くならない座り方】

お尻を均等に使っているようでも、実は偏っている。右は座ったときにお尻にかかる圧力を可視化した写真。赤い部分、左尻に荷重がよりかかっている。この場合、左尻が「利き尻」(写真提供/岡村製作所)

 座っているとき、左右のお尻には均等に体重が乗っていると思うだろう。しかし、パーソナル・トレーナーの伊藤和磨さんは「すべての人は、片側のお尻に偏って座っている。それを『利き尻』と呼んでいる」と言う。利き尻に体重を乗せ続けることが、腰痛やぎっくり腰、坐骨神経痛、猫背の原因というのだ。

 まず、自分の利き尻がどちらかをチェックしよう。両手を水平に伸ばし、それぞれに上体をスライド。より遠くに伸ばしやすいほうが利き尻だ。「多くの人は右が利き尻。右足を上に組んで座る人が多いのは、そのことを示唆している」と伊藤さん。

(左)イスに座って、ひざの間を軽く開け、背すじを伸ばす。両腕を水平に上げる。(中)両腕を水平にしたまま上体を左にスライド。(右)両腕を水平にしたまま上体を右にスライド。より腕を遠くに伸ばしやすく体重を乗せやすい方が利き尻

 利き尻に偏って座ると、骨盤が傾いて背骨もゆがむから問題になるそうだ。「のべ3万人以上のクライアントを見てきた経験から、利き尻側は坐骨神経痛を患いやすく、同側の腰も椎間板ヘルニアのリスクが増大するようだ」(伊藤さん)

右が「利き尻」の人を前から見た場合。右の骨盤が下がっているため、上体も右にスライド。背骨がゆがむため、腰痛・猫背、頭部が傾くため肩こりの原因になる

 下の写真は、左右の坐骨に均等に荷重して座れるよう、伊藤さんが推奨する座り方。「足を前後に開くだけで上体の安定性が増し、肩や腰の緊張が緩和。ひざや腰に負担をかけずにスムーズに立てる。シンプルでも大きな変化をもたらすので身に付けてほしい」(伊藤さん)

お尻が下がっていた側のひざを曲げて足を引くと、骨盤が起きて骨盤の水平性が保たれる。背骨が真っ直ぐになり、腰や首・肩へのストレスが軽減される

 

【骨盤と肩甲骨のゆがみをリセットする立ち上がり方】

両手をお尻に当て、手をさすり上げるように立つだけ!

 多くのデスクワーカーを見てきたKIZUカイロプラクティックグループ代表院長の木津直昭さんは、「一見、背すじを伸ばしているようだが、骨盤だけ後傾している人を多く見かける。この骨盤後傾の座り姿勢を長時間続けていると、体に染みついてしまい、立っても寝てもその姿勢が改善されない。その結果、腰痛、肩こりのほか、あおむけで寝られないといったトラブルにもつながる。立ったときに、ひざが曲がったままになっているから、ひざの痛みにつながることも」と話す。そこで、木津さんが考えたのが、立ち上がるときに、骨盤と肩甲骨のゆがみを一気にリセットするメソッドだ。

WOMAN SMART新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL