新春オペラコンサートで司会 旧友と再会(井上芳雄)第14回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。今年のお正月は、1月3日に生放送された『第61回 NHKニューイヤーオペラコンサート』の司会を務めました。オペラ歌手の方々の歌声を目の当たりにして、人間の身体でこれだけの声が出せるんだと驚き、放送後には出演者の1人で東京藝術大学時代の同級生でもある藤木大地君と久しぶりにゆっくり話もできました。いろんな意味で刺激を受けた仕事始めでした。

カウンターテナーとして国際的に活躍するオペラ歌手、藤木大地さん(左)とのツーショット

『NHKニューイヤーオペラコンサート』は新春の恒例コンサートで、海外や国内の第一線で活躍するソリスト(独唱者)の方々がNHKホールに会して、オペラの名曲を歌います。今年のテーマは「幻想と現実の間」。第1部は『フィガロの結婚』『魔笛』といったモーツァルトの7大オペラからの名曲を再構成した「モーツァルト・ファンタジー」で、僕が「語り」を務めました。ミュージカル『モーツァルト!』で長くモーツァルト役をやっていたので、声をかけていただいたようです。そして第2部が没後150年を迎えるロッシーニ、第3部がヴェルディ、プッチーニ、ワークナーの名曲という構成でした。後半では、NHKの高橋美鈴アナウンサーと一緒に司会を務めました。

司会の経験はあるのですが、今回は長い歴史があるコンサートでNHKでの全国生放送。藝大を出ているものの、オペラはそう詳しくないので、不安はありました。ただ、メインはオペラ歌手の皆さんの素晴らしい歌なので、そこに興味を持ってもらえるように進行できれば、と思って臨みました。

その謙虚な気持ちの一方で、「ちょっと笑いをとりたい」という願望も捨てきれず、笑いをはさむチャンスをずっとうかがってました。スタッフの方に頼まれたわけではないのですが、語りは自由な立場なので、見ている人をクスッとさせてみたかったんです。それで、たくさんパンダが生まれたところで「どれがシャンシャンかな?」とアドリブで言ってみたり。そこが今回、自分なりに頑張ったところでしょうか(笑)。

エンタメ!連載記事一覧