出世ナビ

キャリアコラム

アフリカで働けますか 女性起業家が積極的な理由

2018/1/2

ウガンダで起業した仲本千津氏。現地の女性らと布バッグを製造・販売

日本を飛び出し、アフリカで起業する日本人女性が相次いでいる。現地の人と組んで農産品や民芸品を輸入したり、アフリカに進出する企業向けにコンサルティングをしたりと分野は様々だが、共通しているのは、それまでのキャリアで得た経営や専門の知識を生かして起業している点だ。経済界からも若手のアフリカ起業を後押しする動きが出ており、今年はアフリカ女子が脚光を浴びそうだ。

■ガーナ版の「楽天」を起業

「誰のどんなニーズをその商品で満たそうとしているのか、そこをもっとはっきりさせたほうがいい」「とりあえず、健康意識の高い若いビジネスウーマンをターゲットにしたらどうか」

2017年11月下旬、東京・港区の森永製菓本社内で、森永の商品開発担当者らとVIVIA JAPAN(ヴィヴィアジャパン、東京・渋谷)の大山知春最高経営責任者(CEO、34)が、ガーナ産の植物由来の製品を日本市場でどう展開するかをテーマに、活発な議論を繰り広げた。

ヴィヴィアは、ガーナと日本をつなぐをテーマにガーナ産の製品の輸入などを手掛けている。主に「モリンガ」というアフリカやインドなどに生息する栄養価の高い植物に関連した製品を取り扱っている。この植物は食品やサプリメント、美容液など幅広い用途があるという。ヴィヴィアは、2015年からモリンガ製品を輸入し、「JUJUBODY」のブランド名で販売。森永のビジネスプランコンテストに応募したところ、応募総数153件の中の6件に残り、優秀賞を獲得した。

大山氏は成蹊大学を卒業後、みずほ銀行に就職。しかし、もともと外資系志望だったことから、2年弱で外資系金融機関に転職し、東京で海外投資信託のアドバイス業務を担当。バンコク支店に転勤後、経営の勉強をしようとオランダのビジネススクールに留学し、経営学修士(MBA)を取得した。

授業でガーナ出身のビジネスマンと一緒にビジネスプランを作ったのをきっかけに、ガーナでの起業を計画。卒業後、その級友と首都アクラにマインドネット・テクノロジーズ社を設立し、ファッションサイトを立ち上げた。「ガーナにはオンラインショップがなかったので、日本の楽天のような事業ができないかと考えた」という。

■がんを発症、コンサル会社に

ところが、約1年後に舌がんを発症し、手術のため日本に帰国。舌がんは再発の可能性も高いため、しばらく日本に滞在することを決意。その間、収入を得るために日本でヴィヴィアを立ち上げ、現地で日常的に使用し、気に入っていたモリンガ製品などを、マインドネットを通じて輸入し、国内で販売を始めた。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL