出世ナビ

次世代リーダーの転職学

「転職すると年収が下がる」は本当か? データで検証 リクルートワークス研究所副所長 中尾隆一郎

2018/1/5

PIXTA

 転職すると年収は上がるのか、下がるのか――。多くの人が関心を持っているに違いない。終身雇用・年功序列型だった日本企業では、「転職すると収入が下がる」と思われがちだが、本当にそうだろうか。また、アップするとしてもそれは若年層だけだったり、人手不足のときだけだったりと限定的で、やはりミドル世代の通常ケースでは難しいのか。データをもとに、主に正社員の転職について、これまでのネガティブなイメージを払拭してみたい。

■転職後1年目と2年目で変わる年収

 転職による年収の増減については、翌年とだけ単純比較すると判断を見誤る。それは、賞与が全額支給されないケースがあるからだ。例えば1月に転職すると、下期(前年10月から3月の6カ月)のうち半分にあたる3カ月の在籍になるため、夏の賞与は半分だけが支給される場合など。

 リクルートワークス研究所が全国の約5万人を対象に調査した「全国就業実態パネル調査2017」(2017年6月公開)では、転職前後の年収の増減についても聞いている。

表1)転職前後の年収の増減 リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査2017」から作表

 転職の翌年に年収が10%以上アップした人は31.4%、10%以上ダウンした人は44.3%と、ダウンした人の方が多い。ただし、正社員に限ると10%以上アップは35.4%、10%以上ダウンが34.1%と、アップした人がダウンした人を少し上回る。一方、非正規社員では、10%以上アップが30.7%、10%以上ダウンは46.8%で、ダウンした人の方が多い。

 では、転職後2年目の年収の増減はどうだろう。

 10%以上アップした人が39.1%、10%以上ダウンした人は41.6%で、アップした人とダウンした人が拮抗している。転職1年目は、ダウンした人がアップした人よりも10ポイント以上多かったので、かなり差が縮まっている。

 また、正社員に限ると、10%以上アップが47.1%、10%以上ダウンは26.2%となっており、アップした人がダウンした人を20ポイント以上も上回る。転職1年目は両者の割合がほぼ同じだったことを考えると、大幅に増加したことがわかる。

 非正規社員では、10%以上アップが36.2%、10%以上ダウンは47.8%と、ダウンしている人の方が引き続き多い。

 正社員では、転職1年目から2年目にかけて、10%以上アップした人が35.4%から47.1%と大幅に増加し、10%以上ダウンの人は34.1%から26.2%に減少している。つまり、転職後2年目には、およそ半数弱の人が転職前の年収より10%以上アップしており、4分の1ずつの人が転職前と同じ、もしくは転職前より10%以上ダウンしていることがわかる。

 大ざっぱに言うと、「正社員の転職2年目」の年収は、転職前よりも増加すると推定できる。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL