TV通販のカリスマ高田氏 サッカーでも奇跡を演出ジャパネットホールディングス創業者の高田明氏

V・ファーレン長崎のJ1昇格を実現した高田明氏
V・ファーレン長崎のJ1昇格を実現した高田明氏

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に奇跡が起こった。2016年シーズンは2部リーグ(J2)で15位と低迷し、17年に入って経営危機が表面化した長崎のクラブ「V・ファーレン長崎」が見事、1部リーグ(J1)に昇格を決めたのだ。快進撃を裏方として支えたのは、4月にクラブの社長に就任したばかりの通販大手ジャパネットホールディングス(HD、長崎県佐世保市)の創業者、高田明氏だった。

平戸なまりで喜びを共有

「夢だったゼイワンに上がります。我々は平和について世界で語れるクラブだと思います。そんな役割を持つクラブになりましょう!」。昇格が決まった11月11日、ホームの「トランスコスモススタジアム長崎」(長崎県諫早市)を埋めた2万数千人のサポーターに向かって、高田氏は、満面の笑みでこう呼びかけ、選手らに胴上げされて3度、宙を舞った。

「ゼイワン」とは、もちろんJ1のこと。高田氏の出身地、長崎県の平戸なまりの言い方だ。こんな言い回しでローカル色を出しつつ、長崎が世界に向けて発信する「平和」というワードでクラブの方向性を指し示す。一瞬でサポーターの気持ちをひとつにまとめあげるのは、やはり「TV通販王国」を一代で築き上げたカリスマ高田氏ならではの才覚だろう。

J1昇格に沸くV・ファーレン長崎の選手とサポーター

V・ファーレンの営業収益はJ2の平均(約13億円)の6割程度。18年から挑戦するJ1のクラブの平均約36億円とは、比べものにならない少なさだ。そんな「強豪」がひしめく世界に、J2の平均以下の資金力と動員力しかない弱小チームが昇格を果たしたのだから、サッカー関係者の誰もが「奇跡」と口をそろえるのも無理はない。

だが、「奇跡」は単純に運が良かったから転がってきたわけではない。

「外見」より悪かった経営状態

最初はゼロどころかマイナスからのスタートだった。クラブの成績は低迷し、追い打ちをかけるように経営危機が表面化した。

「潰れたら、今まで応援してくれたサポーターや長崎の子どもたちの夢まで摘んでしまう」。ジャパネットは09年からスポンサーとしてクラブを応援していた。ジャパネットの現社長で高田氏の長男である旭人(あきと)氏は、明氏と相談してV・ファーレンを傘下に収めることを決めた。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧