WOMAN SMART

ヘルス

冬になると気分が落ち込む 女性に多い「冬季うつ」

日経ヘルス

2017/12/18

PIXTA
日経ヘルス

ここ何年も、冬場はずっと憂うつ気分で、クリスマスやお正月を楽しめていない。「今年こそは」と思っていても「冬太り」を繰り返してしまうのはナゼ? それは「冬季うつ」の症状の可能性がある。気になる方は一度、精神科などに相談を。

◇  ◇  ◇

ツバメが春に巣作りをし、クマが冬眠するように、生き物の多くは季節の動きに合わせて生きている。この季節変動をもたらすのは、日照時間の長短だ。

夏は太陽が出ている時間が長く、冬は短い。私たち人間は季節変動に影響されにくい生き物だが、影響を受けやすい人もいるとわかってきた。「全国の成人およそ1000人を調べたところ、2%の人で、気分や体重、睡眠時間に大きな季節変動が見られた」。国立精神・神経医療研究センターの三島和夫部長はこう話す。

こんな「季節に敏感な人」に見られる精神症状が冬季うつ。うつ病の一種で、女性に多く、患者数は男性の1.5倍いる。冬季の気分の落ち込みに加え、「何事もおっくうで仕事がはかどらない」「人に会うのが面倒」といった「社会的引きこもり」症状が表れるのが特徴だ。また、うつ病では通常、食欲が低下するが、冬季うつでは食欲が高まる。特に炭水化物を食べたがり、結果として体重が増える。

治療のカギを握るのが生活改善で、三島部長は「まずは1日1時間、太陽の光を浴びること」と話す。漫然と日光浴をするのではなく、光を目の奥に届かせるのがポイント。光を見ることで体内時計が調整され、朝と夜、夏と冬といった自然界のリズムに適応しやすくなる。さらに、気分の波や食欲をコントロールする働きがあり、冬季うつの症状とも深く関連している神経伝達物質「セロトニン」の合成量を光の刺激で増やせる。

(イラスト:黒猫まな子)

食事も重要だ。セロトニンを合成する原料となるのが、必須アミノ酸のトリプトファン。それが足りないと、光を浴びても効果が得られにくい。

三島部長は「トリプトファンは、普通に食事をとっていれば、不足する心配はほとんどない。だが、冬季うつの人は炭水化物に偏った食事をとりがちなので、摂取量が足りなくなることがある」と話す。トリプトファンを多く含む豆類、肉類、チーズなどを積極的に食べるように心がけるといいだろう。

下表は、冬季うつの可能性があるかどうかを調べるチェックリストだ。三島部長は「12点以上で冬季うつの可能性がある。気持ちの落ち込みなどで日常生活に影響が出るようなら、精神科に相談を」と話している。

冬季うつかも?と思ったら、気分、睡眠、食欲などの季節変動の大きさをチェックしてみよう。合計が8~11点なら「冬季うつの前段階」。12点以上は「冬季うつの可能性あり」となる
三島和夫さん
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部部長。秋田大学医学部卒業。同大助教授、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員准教授などを経て2006年より現職。「室内の光は明るいようだが、冬季うつの治療には足りない。通常の生活にプラスして、積極的に光を浴びる時間を持つことが重要です」。

(ライター 荒川直樹)

[日経ヘルス2018年1月号の記事を再構成]

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL