グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食を旅する

明石焼き、伝統のふわぷる感 たこ焼きと似て非なる味

2017/12/19

明石焼きって、たこ焼きをだしに浸して食べるあれでしょ? 東京では、そんな風に思っている人も多いのではないだろうか。しかし、明石焼きは「あかし玉子焼き」と言って、だしに浸っているのはたこ焼きではなく玉子焼きと呼ばれるものだ。

どう違うのだろう?

玉子焼きは、卵がたっぷりと入る上に、小麦粉以外にじん粉と呼ばれる小麦のでんぷんのみの粉を使う。じん粉は加熱しても固まらないため、焼き上がりがふんわりぷるぷるになる。一方で、たこ焼きは小麦粉を中心に山芋などを加え、よりしっかりとした食感だ。また、玉子焼きは具がタコだけが多いのに対し、たこやきは天かすなど様々な具材が入ることも多い。そしてそもそも、あかし玉子焼きにヒントを得てたこ焼きが誕生したという歴史的経緯もある。

刺し身で食べてもおいしい明石産のタコ

諸説あるが、一般的に知られているのは以下のようなストーリーだ。

江戸時代にさかのぼる。当時の明石では、模造サンゴの「明石玉」が盛んに作られ、地場産業になっていた。この明石玉の製造には大量の卵の白身が必要だったことから、黄身だけが残ってしまい、それを活用するために、卵の黄身がたっぷり入った玉子焼きが編み出された。

具には地元特産のタコが入り、焼き上がりを薄口しょうゆで味を調えただし汁に浸して食べた。

ラジオ焼きをルーツに持つ大阪のたこ焼き

一方、たこ焼きが誕生したのは昭和に入ってからと言われている。明治から大正にかけて、溶いた小麦粉をスジ肉を具材として丸く焼いた粉もの料理「ラジオ焼き」が子どものおやつとして広く食べられていた。

大阪にある会津屋初代の遠藤留吉さんが、客から「大阪は肉か、明石はたこが入っていた」と聞き、生地の中にタコを入れて「たこ焼き」と名付けた、というものだ。

実際にあかし玉子焼き食べてみよう。JR西明石駅そばにある「明石夢工房」を訪ねた。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL