お笑い芸人に「仲良しコンビ」が増えているワケ

日経エンタテインメント!

お笑い芸人に「仲良しコンビ」が増えている。これまで、さまぁ~ずやタカアンドトシが代表格だったが、その2組に限らず、くりぃむしちゅーやバナナマン、オードリーといったMCクラスの芸人は、関係性が良好なコンビばかり。ほかにも、博多華丸・大吉やサンドウィッチマンらベテランから、カミナリ、霜降り明星といったニューフェイスまで、視聴者が「仲がいい」と認識できるコンビが増えた。バラエティー番組の作り方が変わり、お笑い芸人にチームワークや安心感が求められるようになった時代の変化を反映している。

『今夜はナゾトレ』(火曜19時/フジテレビ系)

『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、『相方大好き芸人』がほぼ定番化し、『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)では、助け合いながらネタを披露する若手たちの姿が見られる。

旬な芸人が多数出演する『ネタパレ』の総合演出を務め、『今夜はナゾトレ』なども担当するフジテレビの木月洋介氏は、「率直に、仲のいいコンビが増えているなとは感じます。『ネタパレ』にも何度か出演してもらっているANZEN漫才やフースーヤは、本当に仲がいいと思いますよ」と話す。

なぜ仲良しコンビが目立つのか。1つは、芸人が今置かれている状況に起因する。近年は芸人の数が飽和状態の上、ネタやコント番組が少なく、若い頃に売れてポジションを確立するのは極めて難しい。「世に出られない時期が何年も続くのは、生活も苦しかったり、本当に大変なはずなんです。くりぃむしちゅーもバナナマンも、10年ぐらいの下積み時代があったと思います。仲がいいからこそ、解散せずにその時代を乗り越えられたと言えるのでは」(木月氏、以下同)。

ネタブーム失速で芸人の役割に変化

もう1つは、バラエティー界の流れにある。1990年代後半から2000年代前半は、ネタ・コント番組の全盛期。その後、『銭形金太郎』や『リンカーン』など、複数の若手芸人がにぎやかに出演する番組が出てきて、くりぃむしちゅーやバナナマンが台頭した。00年代後半からは『アメトーーク!』(テレ朝系)や『しゃべくり007』(日テレ系)などトーク番組が盛り上がり、同時に、情報系番組が多数登場し始めた。この頃、ネタブームは失速しており、バラエティーにおける芸人の役割に変化が起きる。

エンタメ!連載記事一覧