japonism

シャツに金箔!? 「箔押し」ニューウエーブの挑戦

2018/1/1

箔を貼り付けるための接着剤は新たに開発した。それでも貼り付ける先は伸縮のある素材。箔が割れないようにするため、改良を繰り返した。

結果、洗濯すると徐々に剥げるとはいうが、10回ほど洗っても虫食い程度の剥げにとどまり、全部が剥げてしまうことはなかったという。久永社長は「箔をプリントしたものはいくらでもあるが、手貼りしたものは世界唯一」と胸を張る。

談笑する歴清社の久永社長(左)とカットソーブランド「T'」の西山健代表

従業員は約30人、売上高は約4億円。しかし久永社長は「『会社を大きくしよう』というよりは『守っていきたい』と考えている」と話す。「箔文化を残すためには箔を使ってもらわなくてはいけない。そのためには、時代に合わせて箔を貼るものも変わっていく必要がある」というのが久永社長の考えだ。

「空気と水以外なら、何にでも箔押しできる」と胸を張る久永社長。「既存の考え方を壊さなければ新しいものは生まれない」と、さらなる挑戦への決意を語る。

Latest