小型化進む最新ハサミ 切れ味も高める、あの手この手納富廉邦のステーショナリー進化形

最新のハサミを見ると知らないうちにさまざまな進化を遂げていることに気づく
最新のハサミを見ると知らないうちにさまざまな進化を遂げていることに気づく

職場や家庭で使っているのはどんなハサミだろう? 昔ながらのイメージを持って文具売り場をみると、多種多様な製品が並んでいることに驚く。最近のハサミの進化は「小型化」「切れ味」「多様化」といった分野で進んでいるという。長年文具を取材し続ける納富廉邦氏が、ハサミの最新トレンドを解説する。

汎用性や耐久性を重視した文具のハサミ

ハサミは現在も使われている道具の中でも、かなり古いものの一つだろう。古代エジプトの壁画にも描かれていたり、紀元前1000年ごろの遺跡から古代ギリシャ時代のハサミが出土していたりと、その歴史は3000年以上にもなるという。

もちろん最初から文房具として使われていたわけではない。髪を切るためだったり、羊毛を刈るためであったり、医療用途だったりと、生活に密着した専門器具だった。だからこそ、早くから必要とされ、発達していったわけだ。

文房具としてのハサミが登場したのは1880年ごろ。フィンランドのフィスカース社によって作られたといわれている。今のようなハサミが当たり前になったのは、そこからさらに80年ほどたった1967年。すべて金属製のハサミが当たり前だった時代に、フィスカース社が樹脂のハンドルを付け、軽快で使いやすいハサミを発表した。オレンジ色のハンドルは、現在もフィスカース社のハサミのトレードマークになっている。

1960年代当時、洋裁用や植木用、医療用など専門分野で用いられていたハサミは、すでに十分発達していて、高度な切れ味を持っていた。一方、文具としてのハサミは、汎用性や耐久性を重視するため、切れ味に特化したタイプは作られず、大きな進化も起こらなかった。ハサミはそれくらい道具としての完成度が高かったということもできるだろう。

小型なのに使いやすいモデルが続々

しかし、2000年代に入ると、ハサミは大きな変化を見せる。最初に訪れたのが「小型化」のブームだ。

ハサミは、その形状からどうしてもペンケースに入れにくく、机の上でも邪魔になりがちだった。しかし、単純にサイズを小さくすると扱いにくくなるし、切りにくくもなる。

そこに登場したのが「ペンカット」(レイメイ藤井)だった。ハンドル部分を柔らかい素材で作ることで軸に内蔵できるようにした。ハンドルを畳んだ状態ではまるでペンのように見える。スリムにすることでペンケースにも入れやすいハサミを作ったのだ。

レイメイ藤井「ペンカット」:ペン型ハサミの先駆け。ハンドル部を柔らかい素材にして収納式にしたのがうまいいアイディア。チタンタイプなどの高級タイプ、さらにコンパクトにした「ペンカットミニ」も登場している

ペンカットは、本体はコンパクトなのに刃の長さもそれなりにあり、ハサミとして普通に使える文具としてヒット商品になった。これまでも、形をそのままにして小型化したハサミはあったのだが、ハサミの使い勝手をそのままにコンパクト化した製品はほとんどなかったのだ。

ペンカットが生み出した小型化の流れに他社も続く。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
刃の形や動きで切れ味を鋭く
MONO TRENDY連載記事一覧