グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食べ物 新日本奇行 classic

鍋のシメにラーメン 韓国や台湾では袋めんをそのまま ご当地鍋物(2)

2017/10/28

PIXTA

肌寒さに鍋物が恋しくなってきた昨今。さて、この鍋は何だろう?

ご意見 実家の母が献立に煮詰まると良く出てきたのが常夜鍋でした。ほうれん草と豚の薄切りのしゃぶしゃぶのような鍋でした。だしもワイルドで昆布をペロンといれて、後は水とお酒をどぼどぼと入れ、わかしたもの。昆布がないときもありました。だけどこれはどこが発祥なのか謎な鍋です。
実家では酢じょうゆだったりレモンじょうゆだったりしましたが、あっさり味でいくらでも食べられました。今でも時々作ります。材料さえあれば、お湯がわく間にすべての準備が出来てしまう簡単鍋ですね。献立に疲れた主婦に優しいと申せましょう(東京のあさちゃん)
ご意見 九州の鍋というより、実家オンリーのローカルな鍋を紹介します。「ほうれん草鍋」と呼んでいたもので、ショウガを入れたしょうゆ味のだしを張った鍋でほうれん草と豚肉をゆでて食べます。単純ですが、ほうれん草の甘みが出て、とてもおいしいです。シメはうどんを入れます(ちどりのおっとさん)
ほうれん草と豚肉で食べる常夜鍋=PIXTA

ほうれん草鍋も常夜鍋と同じであろう。実は私も作る。材料、味付けとも東京のあさちゃん家と同じである。おふくろの味がどうしたこうしたというタイトルの料理本に出ていた。子どもに結構受けたのであった。

常夜鍋が隣国に飛び火する。

ご意見 家でよく作るのは、ほうれん草と豚肉の「常夜鍋」です。これに豆腐やモヤシ、練り物なども入れます。材料が安くつくので、冬の貧乏サラリーマン家庭の定番になってます。
以前、「老湯火鍋」というものを食べたことがあります。太極マークのような仕切りのある鍋に白濁したスープと、赤い恋人や漢方薬が色々入った赤いスープが張ってあり、そこへ肉や野菜を入れて食べるというものでした。
で、そのときは「おいしい、おいしい」と食べたのですが、後日、新聞で本場中国で「老湯」というのは使い古したスープのことで、先の客がこの鍋料理を食べて帰った後、店員が食べ物のカスを網杓子でていねいにすくい取り、次の客に出すもので、その鍋料理屋が老舗であればあるほど、肉や野菜のうまみがたくさん溶け出した「おいしいスープ」である…と書かれてました(ギョエー!)。
しかも、火鍋の店を新規開店する店主は、老舗にスープを分けてもらいに行くとか。
「老湯(ラオタン)」の「老」って、そういう意味だったの???(ちりとてちんさん)
ご意見 仕事で韓国・ソウルに行った際、フグの鍋をごちそうになりました。ブツ切りのフグとセリ、豆モヤシ、ニンニクスライスが入っていました(ポゴチリってやつですね)。辛みはほとんどなし、つけ汁も辛くないものでした。
で、雑炊楽しみだね~~と日本人チームが心待ちにしていたところ、小鉢に入った雑炊が運ばれてきました。フグのだしで卵でとじてあって、普通に「鍋の後の雑炊」でした。
我々が食べていた鍋の残りは、店のおばちゃんが持って行ってしまいました。えーそのおだしはどうなるのー!! と日本人チームの中に衝撃が走りました。捨てちゃうの? それとも誰かの雑炊になるってこと? じゃあこの雑炊は…と日本人チームみんなで複雑な気持ちになりながら、出された雑炊をいただきました。すごくおいしかったですけどね、お鍋も雑炊も(きぬこん@東京都さん)

韓国版老湯の疑いが濃厚。

火鍋 片方は白湯スープ、もう片方は真っ赤なスープ=PIXTA

台湾では。

ご意見 台湾に行ったとき、やはり火鍋専門店というのがありました。当然真夏でもエアコンを鬼のように効かせて営業しています。前回、写真があった香港のものとだいたい同じなんですが、店によって鍋が仕切りで分割された太極型になってたりします。片方は白湯スープ、もう片方は真っ赤なスープで彩り鮮やかです。
それでバイキング形式で具をとってくるんですが、そん中に袋入り即席ラーメンの麺がありまして、だいたい鍋も締めに近くなるとこいつをどぼんと放り込んで煮てから食べてる人がまわりに結構いました(RKさん)
ご意見 15年ほど前に台湾のみやげ物屋の2階で食べた鍋を思い出しました。黒い石の鍋で、鶏がベースのさっぱりコクありスープに、たくさんの具を入れて食べました。イカやエビのすり身団子、鶏肉団子、豆腐、シイタケ、白菜、ネギ、青梗菜などたくさんの野菜。そのとき初めて空芯菜を食べました。
友達と2人で食べたのですがとてつもない量だったので、残さず食べるのに苦労しました。なんとか食べ終わり、もう何も食べられないと思っているところに、店員さんがやってきました。
「雑炊? うどん?」
「は?」
「残ったスープ、何入れる?」
「えぇぇぇ! もう、食べられませ~ん! 結構です~!」
と首をぶんぶんと振る2人に「台湾の人、みんな食べるよ」と…。台湾の人って食べるのね…、とその時思いました(REIさん)

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL