グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食の豆知識

酒にも飯にもポテトサラダ みんなが好きな理由とは?

2017/10/11

PIXTA

 居酒屋に行くと「とりあえずのビール」とともにポテトサラダを注文する酒飲みは多い。特に初めて行く店であればその確率は高まる。いわく「ポテサラのうまい店はほかの料理もたいていうまい」。

 ポテトサラダはその名のとおりジャガイモをメインとしたサラダ。具材や味付け、国によってもさまざまなバリエーションがあるが、日本の昔ながらのポテトサラダはゆでたジャガイモを軽くつぶして、ニンジンやキュウリ、タマネギ、ハムなどとともにマヨネーズで和えたもの。

 この主原料のニンジン、ジャガイモ、キュウリ、タマネギを並べると「1010」に見えることなどから、10月10日は「ポテトサラダの日」だそうである。

10月が北海道のジャガイモの収穫時期であることと「POTATO」の「TATO」が「1010」をイメージさせることからも10月10日がポテサラの日に=PIXTA

 ポテトサラダは単純そうに見えて、実は手間ひまがかかる。教科書通りにつくるならば、まず、ジャガイモは水からゆでるので時間がかかる。うまみや栄養素が流出しないよう皮つきのままゆで、熱いうちに皮をむかねばならない(火傷しないように水で指先を冷やしながら作業。それでも、けっこうツラい)。キュウリは塩もみ、ニンジンはゆでる、タマネギは薄くスライスして辛味をなくすために水にさらすなど、野菜の下ごしらえがそれぞれに違う。

 つまり、ポテサラがうまいということは仕事が丁寧な証ということなのだろう。

 酒飲みだけでなく、子どももポテサラが大好きだ。野菜が嫌いで生野菜サラダは食べないけど、ポテトサラダなら喜んで食べるという子どもも多い。あのクリーミーな味つけが子どもにウケるのだろう。

ポテサラは子どもの大好物のひとつ=PIXTA

 母親たちはポテサラにいろんな野菜をこっそり混ぜ込んで子どもの野菜嫌いを解消したものだ。そもそも熱いジャガイモの皮をむくなんて作業は愛情がないとできない(あるいは飲食店のようにカネがからまないと!)。ポテサラは母の愛情の証でもある。もはや肉ジャガやカレーに並ぶ「おふくろの味」といってよいのではないか。酒飲みが居酒屋でついついポテサラを頼んでしまうのは「おふくろの味」やノスタルジーを求めているところもある。

 家庭や外食だけでなく、中食(惣菜や弁当など調味済みの食品を家庭などで食べること)でもポテサラは不動の人気だ。スーパーマーケット、デパ地下、コンビニでもポテサラを置いていない店はない。コンビニではポテサラ入りのサンドイッチも定番だ。

コンビニや弁当屋でもポテサラは定番人気=PIXTA

 惣菜の製造・販売を手がけるデリア食品株式会社が2016年に調査した結果によると、「ポテトサラダは好きですか?」の質問に「はい」答えた人は96パーセント。ポテトサラダを食べる頻度では、「毎日」と答えた人が1パーセント、「週に2~3回程度」とが10パーセント、「週に1回程度」が22パーセント、「月に数回」が29パーセントと約6割が月に2回以上は食べているという結果に。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL