「次世代AI」の覇権争い グーグルの投資先から読む

日経ビッグデータ

日経ビッグデータ

iPhoneの最新機種iPhone Xに人工知能(AI)のための機能「ニューラルエンジン」が搭載された。ファーウェイも最新スマホに同様の機能を搭載している。人工知能というとまだまだ遠い未来のように感じられるが普通に使う日が近づいている。ただ、一口に人工知能といっても、その応用範囲は幅広すぎる。どの分野が有望で、どのように社会に実装されていくのだろうか──。

そのヒントとして米グーグルが2017年7月に設立したAIに特化した投資ファンド「グラディエント・ベンチャーズ」がある。当初の出資先として米アルゴリズミア、米コグニアック、米ケープ、米アウリマの4社が発表された。その4社の事業内容から、次世代AIの潮流が見えてくる。

3500以上のアルゴリズム市場

アルゴリズミアは、アルゴリズムのマーケットプレースを運営するスタートアップである。アルゴリズムを介してAI研究者とサービス開発者をつなぎ、開発者が研究者の優れたアルゴリズムを組み合わせてソフトウエアを開発し、サービスとして市場に提供することを支援する。開発者が必要とする特定のアルゴリズムを登録し、研究者が有償で開発する懸賞金(Bounty)という仕組みもあり、市場ニーズの高い研究分野を加速させる効果がある。

アルゴリズミアで評価の高いアルゴリズムの例 出所:https://algorithmia.com/algorithms( 2017/8/16)

アルゴリズミアには3500以上のアルゴリズムが登録されており、4万5000人の開発者がアクセスしている。アルゴリズムはAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)で利用することができ、API呼び出し回数や処理時間ごとに必要なクレジットが設定されている。毎月5000クレジットまで無料で利用できるプランもある。

AIを活用したサービス開発を活性化させる企業として注目される。

月額100ドルからの画像識別

コグニアックは、畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network=CNN)による画像認識・解析サービスを提供する。CNNとは、深層学習(ディープラーニング)の一種であり、何段もの深い層を持つニューラルネットワーク。画像や動画認識に広く使われている。

コグニアックの画像識別結果にフィードバックを与えて、識別率を改善できる 出所:https://cogniac.co/ (2017/8/16)

コグニアックのCNNは、監視カメラ、ソーシャルメディア、企業内のメディア、個人所有のメディアなどの動画や画像から、関心のある対象物やパターンを自動的に認識したり、カウントしたりできる。例えば、監視カメラの動画から銃を識別して警告することや、製造装置の画像から故障しそうな箇所を識別して警告することが可能である。

次のページ
世界中のドローンを操縦可能に