ギミック満載、使って楽しい HPの超セキュアノート戸田覚のPC進化論

日経トレンディネット

Fnキーを押しながらF2キーを押すだけで視野角が狭くなり、横から見たときに画面が白っぽくなる
Fnキーを押しながらF2キーを押すだけで視野角が狭くなり、横から見たときに画面が白っぽくなる
日経トレンディネット

日本HPの「HP EliteBook x360 1030 G2」はセキュリティーに徹底的に気を配った「超セキュアーノート」だ。法人向けのモバイルノートだが、個人でも購入できる。なかなか注目されにくい法人向けノートだが、とても個性的で、一般ユーザーにも使える機能があるので取り上げてみたい。

画期的なプライバシーフィルター

個人的に一番関心があったのが、パソコンにプライバシースクリーン機能(HP Sure View)が搭載されていることだ。一般には、液晶は視野角が広いほど「見やすい」とされるわけだが、だからこそ外出先で利用しているときには、知らない人にのぞかれてしまう危険にさらされる。僕も先日、カフェで見積書を作っている人を見かけて「大丈夫なのか?」と苦笑した。

ビジネスパーソンの中には、市販のプライバシーフィルターをセットして使っている人もいるだろうが、いちいち付け外しするのは面倒だし、画面を誰かに見せたいときはフィルターが邪魔になる。タッチパネル式のパソコンにフィルターを取り付けると、タッチ操作の感度が落ちたり、操作できなくなったりすることもある。

「HP EliteBook x360 1030 G2」は法人向けのモバイルノートだが、個人も購入できる。価格は14万9800円から

そんなネガティブなポイントがHP EliteBook x360 1030 G2なら解消される。「Fn」キーを押しながら「F2」キーを押すことで、180度近い視野角が約70度まで狭まる。横から見ると画面が白っぽく見えるので、プライバシーフィルターを取り付ける必要がない。液晶の分子構造を変化させているとのことだが、何ともすごい技術だ。あまり話題になっていないようだが、最近のパソコンの新機能の中では、とても画期的な機能の1つだと思う。

スマホと組み合わせて安全に使える

もう1つ興味深いのが、スマートフォン(スマホ)を利用したセキュリティー機能「HP WorkWise」だ。これはBluetoothを利用したもので、専用のアプリをスマホにインストールし、パソコンとペアリングしておく。スマホがパソコンのBluetooth圏内(10m)から外れると、パソコンに自動的にロックがかかる。再びBluetoothの圏内にスマホが入ると、パソコンのロックが解除される。つまり、スマホがパソコンの「鍵」になるわけだ。

また、Bluetooth圏内にいるが、席にはついていないということもあるだろう。そういう場合に、パソコンが動かされたり、USBメモリーが接続されたりしてもスマホに通知してくれる。CPUの温度やバッテリーの残量、メモリーの使用状況など、パソコンの状態をスマホの画面で確認できるようにする機能もある。

スマホとパソコンの位置が離れるとロックがかかる
スマホを近づけると自動的にロックが解除される
パソコンの各種ステータスをスマホでチェックできる

アプリの出来はなかなか良く、使っていて楽しいことこの上ない。パソコンとスマホを一緒に机の上に置いていたら意味がないとも言えるが、そこは使い方次第だ。オフィスに決まった席がない人、つまりフリーアドレスで仕事をしている人は間違いなく重宝する。自宅で使うにしても、子どもがパソコンをいじったりできないようにする意味で有効だろう。

ほかにもセキュリティー機能が盛りだくさん

HP EliteBook x360 1030 G2のセキュリティー機能は、まだまだある。例えば「HP Sure Start Gen3」はBIOSを自己修復する機能で、BIOSを乗っ取られるという最悪の状態に陥っても、不正な改ざんを検知すると再起動時に自動的に復旧してくれる。

また、ブラウザーは「Internet Explorer(IE)」と「Chromium」(Chromeのベースになった軽量ブラウザー)に限られるが、「HP Sure Click」という機能もある。これは、OSなどから隔離された仮想環境でブラウザーを実行するというもの。万一、マルウエアが仕込まれたウェブサイトにアクセスした場合でも、OSやほかのアプリに影響が及ぶのを防げる。ブラウザーを閉じてしまえば、仮想環境が解消されるので、マルウエアが入り込んでも排除できるという。

「HP Sure Click」では、仮想環境でブラウザーを実行できる
使い勝手は従来のブラウザーとほとんど変わらない
安全が確認できているウェブサイトは「信頼できるサイト」に登録

このほか、ログイン時に2段階認証を設定する機能もある。指紋認証とピン入力などを組み合わせることでより安全性を高めることができる。

スペックは標準的なモバイルノートだ

HP EliteBook x360 1030 G2は、HPのビジネス向けモバイルノートの中ではプレミアムラインに位置する。CPUにはCore i5-7200UおよびCore i7-7600Uプロセッサーの2種類が用意され、オンボードのメモリーは4GB、8GB、16GBの3タイプ。ストレージも128GB、256GB、512GBのSSDを選択可能だ。

液晶が13.3型で回転式の2in1なので、1.28kgの重量は妥当なところ。とはいえ、持ち歩いても負担を感じることはないはずだ。堅牢性も追求されており、天面加圧試験はなんと600kgfをクリアしているという。

これまで、セキュリティー機能がどれほど充実しているといわれても、購入のモチベーションにはつながらなかった。生産性の向上に直接は結び付かないからだ。しかし、HP EliteBook x360 1030 G2は面白いセキュリティー機能が数多く搭載されていることに引かれた。スマホを持って席を離れるだけで自動的にロック画面になったり、キーを押すと横からのぞけなくなるなど、使ってみるとかなり楽しい。安全性を重視する人は言うまでもないが、技術好きな人が興味本位で手に入れても満足できるだろう。

戸田覚
1963年生まれのビジネス書作家。著書は120冊以上に上る。パソコンなどのデジタル製品にも造詣が深く、多数の連載記事も持つ。ユーザー視点の辛口評価が好評。

[日経トレンディネット 2017年8月1日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧