トレンド

シャツとタイを変えるだけで、胸元をアップデート! Vゾーンの達人たちに聞く今季のトレンド

MEN’S EX

2017/8/28

■暖色×寒色の合わせでより立体的なVゾーンへ

SHIRT:セミワイドカラーシャツ × TIE:花柄小紋タイ

バーニーズ ニューヨーク MDメンズビジネスチームマネージャー/高橋孔明さん/バイヤーを経て、昨年より現職。今年はピッティ後にフライなどの工場を視察。

ステファノ ビジのタイ × フライのシャツ

「ネイビーのワントーンが多かったという方におすすめなのが、暖色×寒色の合わせ。花柄も縦糸に濃色を使っているものならば、柄の主張も抑えられます。バーニーズのエクスクルーシブで、タミジという襟型名のセミワイドカラーシャツでさりげなく旬の英国調も表現」 シャツ4万3000円、タイ1万6000円(以上バーニーズ ニューヨーク)

■旬のプリントタイはフラワーモチーフで一頭地を抜く

SHIRT:ピンホールカラーシャツ × TIE:花柄プリントタイ

アイネックス 商品戦略部長/並木孝之さん/ネクタイ業界歴は23年。企画からPR業までこなす、多忙なマルチプレイヤー。

ロバート フレイザーのタイ × アビーノ ラボラトリオ ナポレターノのシャツ

「英国クラシックを前提としつつも、フラワープリントで変化をつけました。遊びの柄という印象のある花柄ですが、マダープリントのような彩度を抑えた色みのものならば、実は意外と汎用性が高いのです。英国感の強いピンホールカラーとも違和感なく合わせることができます」 シャツ3万5000円、タイ1万円(以上アイネックス)

■定番の紺×白はディテールで余裕を加えて脱マンネリ

SHIRT:ボタンダウンシャツ × TIE:小紋タイ

リングヂャケット スーパーバイザー/冨岡寛史さん/店舗スタッフを経て、店舗管理とバイイングを担当。今季はキャメル素材も注目とか。

タイ ユア タイのタイ × リングヂャケット ナポリのシャツ

「シャツはボタンダウンですが芯地はとても柔らかく、襟幅も広めです。ボタンを外せばぬけ感も演出できます。タイも、ベーシックな小紋ですがセッテピエゲを選ぶことでイタリアらしいシックでありながら重くなりすぎない表情を作り出せます」 シャツ3万6000円、タイ2万6000円(以上リングヂャケット マイスター青山店)

■暖色系のVでいつもの紺ブレを大人っぽく遊ぶ

SHIRT:パープルシャツ × TIE:ボルドータイ

和光 紳士用品部マネージャー/倉岡直樹さん/バイヤー暦15年のエキスパート。伝統ある銀座から紳士の装いを発信する。

クスカのタイ × バグッタのシャツ

「白、ブルーの次なる色として、おすすめなのがパープルです。ネイビーと相性が良く、手持ちの紺ジャケットとも簡単に合います。ボルドータイはマットで抑え目ながら、凹凸のある織柄なら、立体感ある印象に。エレガントな雰囲気も漂うフレンチテイストが表現できます」 シャツ2万9000円、タイ1万6000円(以上和光)

※表示価格は税抜きです。

撮影/長尾真志 文/安岡将文

MEN'S EX

[MEN’S EX 2017年9月号の記事を再構成]

Latest