エンタメ!

エンタウオッチング

2010年代はアニメ黄金時代 名作続々、全世代つかむ

2017/8/25 日本経済新聞 夕刊

 子どものものから全世代が楽しむ時代へ――。日本のアニメーションが誕生して今年で100年。なかでも「アニメを変えた」エポック的作品が多く出ているのが2010年代。このアニメ黄金時代にスポットを当て、ヒットの理由を分析した。

ギャグをベースにした「おそ松さんの」作風はSNSと相性がよい。第2期がテレビ東京ほかで10月放送開始 (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 16年8月公開の新海誠監督の映画「君の名は。」が興行収入249億円に達し、100年の節目を迎えた日本のアニメーションは新たな一歩を踏み出した。

 「あらゆるコンテンツのなかで、アニメはものすごく強くなってきている」。「君の名は。」大ヒットの立役者、東宝映像事業部に所属する宣伝プロデューサーの弭間(はずま)友子氏はこう話す。

切ないボーイ・ミーツ・ガールものであることや風景の美しさに若者が反応した「君の名は。」発売中のBlu-ray スペシャル・エディション 発売・販売元:東宝 7800円+税 (C)2016「君の名は。」製作委員会 

 その契機は、2010年代初頭にある。アニメの市場規模は、直近の16年度で1.8兆円超(日本動画協会調べ)。05~11年度までは1.3兆円台を推移していたが、5年で40%増となった。なぜここまで伸びたのか。

 大きな要因の一つが深夜テレビアニメの台頭だ。エポックとなったのが、11年放送の「魔法少女まどか☆マギカ」。劇場版は大作映画の合格ラインといわれる20億円を、深夜アニメ発で初めて突破する快挙だった。

 今、大ブームとなっているアイドルアニメの形も、11年の「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE」シリーズや「ラブライブ!」に始まったもの。さらに、12年の「黒子のバスケ」を皮切りにスポーツアニメが軒並みヒット。

■独自の世界観 深夜発が台頭

 勢いの根底にあるのが、作品力だ。「まどか☆マギカ」は、愛らしい少女たちの過酷な運命を描き、独特な世界観もあいまって瞬く間に人気化。アイドルアニメも圧巻のライブシーン、そして声を務める声優たちがリアルに歌い踊るという展開が、ファンを驚かせた。原作のあるものでも「おそ松さん」は6つ子を大人に成長させ、ポップな絵柄や多彩なバラエティー感が相当に新しい印象に。

2015年には「ラブライブ!」の劇中グループがNHK紅白歌合戦に出場し、アニメ映像とコラボを披露した (C)2013 プロジェクトラブライブ !

 名作続発の背景にはいくつか理由がある。まずは10年代に監督やスタジオ、販社など担い手が一気に増えたこと。スタジオジブリに代わり、細田守、新海誠、米林宏昌と、夏のオリジナルアニメ映画を担う監督の層が厚くなった。「この世界の片隅に」の片渕須直監督、映画「聲の形」を成功させた山田尚子監督も、その確かな力で、小中規模公開からのロングラン、大ヒットへとつなげている。

 制作側の顔ぶれも多彩に。東宝では12年に専門部署を立ち上げ、小中規模の劇場版の配給や、テレビアニメ制作に着手。「PSYCHO―PASS サイコパス」「ハイキュー!!」が人気作に。続いて14年、レコード会社のエイベックスがエイベックス・ピクチャーズ(東京・港)を設立。「おそ松さん」や、新興スタジオのMAPPAと組んだ「ユーリ!!!on ICE」などヒット作を連発した。

 老舗の東映アニメーションがデジタル制作のテレビシリーズ「正解するカド」を発表するなど、フルCGやデジタル化が進んだのも10年代。新しい技術も作品人気の一助となっている。

■薄れる抵抗感 大人も劇場へ

 こん身の作品を見るためにお金を払う人が増えている。「名探偵コナンがいい例。大人になってもアニメから卒業しない人が増え、アニメを見に劇場に行くのに抵抗感がなくなった」(弭間氏)。近年アニメ映画は活況を呈しており、興行収入ランキングのトップ10の過半数がアニメだ。「名探偵コナン」が20周年を超えて最高興収を出す一方、深夜アニメの劇場版からも20億円超の作品が続出。少数のコアなファンがパッケージを買うだけでなく、万単位のライトな層が、映画の入場料1800円を払うようになったというイメージだ。

 ビジネス面でも、グッズ以外に企業や地域活性化、さらに女性誌が取り上げるなどタイアップがスムーズに。「マーチャンダイジングの部分でいうと、決裁権を持つ人たちが、アニメを見て育った30代後半~40代になってきているのが大きい。理解があるなかで、自由に展開できている」と、サンライズ(東京・杉並)の宮河恭夫氏。

 こうした中、起こったのが「君の名は。」の大ブレイクだ。冒頭の弭間氏は「アニメを見る方々は従来、不特定多数な実写大作に比べ、送り出す側との距離が近かった。だからこそ、自身で原作・脚本・監督を務める新海作品は、その良さを伝えやすかった。宣伝として洋画大作並みの大規模試写を行い、LINE LIVEも使ったことで、作品の魅力が拡散した。今は、良い作品はSNS(交流サイト)で想像をはるかに超えて広がるのだとも感じている」と語った。

(日経エンタテインメント!8月号より再構成 文・山内 涼子・平島 綾子)

[日本経済新聞夕刊2017年8月19日付]

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL