奈津子も驚く小さなロボット掃除機 おひとりさま家電奈津子の家電選び後輩目線

注目のおひとりさま家電を奈津子が紹介!
注目のおひとりさま家電を奈津子が紹介!

男性のおよそ4人に1人、女性のおよそ7人に1人が生涯未婚である(2015年国勢調査より)といわれている昨今。多様なライフプランがあっていいと思うのですが、個人的には15歳から働いているので、正直そろそろ結婚したくなってきました。仕事は続けるつもりですが、一度ぐらい私も誰かのために生きてみたい……。とはいえ、こればっかりはご縁なので焦っても仕方がない! 私のような「おひとりさま」に特化した空間や、家族はいるけどそれとは別で自分だけの部屋や書斎をより快適にしたい、彩りたい……そんな方に朗報です。

おひとりさま家電が続々と登場!

機能を絞り、デザイン性を高めることでインテリアにもなじみやすくした家電が最近ジワジワと進化してきています。

そうした家電を開発している企業の一つが「S-cubism(エスキュービズム)」。同社ではワンルームや寝室・書斎などの小部屋で最適に使われることを前提として「ルーム家電」と称した家電を打ち出しています。

ロボット掃除機「SCC-R05GM」(予想実勢価格1万4800円前後)は、とにかく薄くてコンパクトな点が特徴です。

「厚さ約3.2cmと、かなり薄いのが特徴のロボット掃除機。大きさも私の顔とほぼ同じぐらいです! 厚さはなんとピンポン玉以下!」

厚さはわずか3.2cmで、2つのエッジブラシでゴミをしっかりとかき出します。約3時間の充電で1.5時間ほど稼働し、家具周りのゴミを細かく集じんする「家具下重点モード」と、段差に反応する「落下防止センサー」を搭載しています。

「これだけ薄ければ、部屋の隅々まで入ってくれます。動作音も想像していたよりは静かでした」

ロボット掃除機って実際に使ってみると痛感するのですが、どんなに吸引力が高くてもソファやテレビ台の下など、狭くて人がなかなか掃除できないスペースに入ってくれないと意味がないんです。

「3色のカラーをラインアップします。付属のスタンドで収納できるので邪魔になりません。私はガンメタリック×ブルーメタリックの配色が気に入りました」

価格は1万4800円

特筆すべき点はその価格です。実勢価格は約1万4800円と通常のロボット掃除機の約4分の1~5分の1。マッピング機能やスケジュール管理など高度な機能は省かれていますが、これなら子供部屋や納戸用に、あるいはサブ掃除機としてちょっと試してみようかなと思える価格帯ですよね。

ただダストボックスが小さくて素材感が若干安っぽいところは気になりました。今後は集じんしたゴミを今よりも捨てやすく、フィルターもしっかりとした素材になるのではないかと期待しています。

「ダストボックスの容量は約35mlと、かなり小さいです」

エスキュービズムはスタイリッシュな炊飯器も発売予定。こちらも予想実勢価格は7000~8000円とリーズナブルです。

薮崎敬祐社長によれば、こだわったのが色。「部屋を彩る」というコンセプトで、ブラック、ブルー、レッドを用意し、炊飯器のデザインは、ボディーの色味とボタン周囲の色を同系色でまとめています。「家電の色には今後もこだわっていく」そうです。

「カラーバリエーションはブラック、ブルー、レッドの3色です。『部屋を彩る』というコンセプトで作られています」

購入時に値段の次くらいに気になるのがカラー。「性能が気に入ったのに欲しい色がない」ということ、ありますよね。

エスキュービズムの製品発表会では、デスクにピッタリなミニ扇風機やコンパクトな冷蔵庫なども展示していました。

「発表会ではミニ扇風機やコンパクトな冷蔵庫なども展示されていました。オフィスにも合うかもしれませんね」

デキる人は水にもこだわる?

ウオーターサーバーにも、おひとりさま向けモデルが登場しています。

MONO TRENDY連載記事一覧