アート&レビュー

エンタウオッチング

菅田、窪田、小栗、長谷川 「バランス型男優」に脚光

日経エンタテインメント!

2017/9/13

 近年の男優界を振り返ると、2013年に堺雅人主演の『半沢直樹』のヒットや、『八重の桜』での西島秀俊人気で、40歳以上のベテラン俳優が再評価された。15年になると、福士蒼汰、山崎賢人といった20代の俳優が台頭し、連ドラや映画で主演を務めるように。続く16年は、新井浩文や高橋一生のような実力派や、ミュージシャンとしても活躍する星野源、ディーン・フジオカらがブレイクし、30代俳優の層の厚さが際立った。

 そして現在は、全体の傾向として、映画とドラマの両方に出る「バランス型男優」が目立ってきている。20代前半では菅田将暉、20代後半では窪田正孝、30代では小栗旬、40代では長谷川博己らが代表格だ。では、彼らがトップランナーである理由はどこにあるのか。

右上:菅田将暉(写真:辺見真也)、左上:窪田正孝(写真:加藤康)、右下:小栗旬(写真:藤本和史)、左下:長谷川博己(写真:吉岡教雄)
2008年以降、邦画が洋画の興行収入を上回るように。公開本数も同様。16年は邦画610本、洋画539本(出典:日本映画製作者連盟)

 まず映画界の状況を見ると、08年を境に興行収入で邦画が洋画を逆転(グラフ1)。近年の邦画の好調は、特に若手に追い風となっている。17年7月公開の『君の膵臓をたべたい』や『ストロボ・エッジ』(15年)など、多数の青春映画をプロデュースしている東宝の臼井央氏は、「休日の過ごし方やイベントとして、若い層が洋画でなく邦画を見ることを選ぶようになったという体感はあります。その需要に向けたコンテンツとなると、主人公の年代がお客さんに近い、少年・少女マンガ原作の企画は自然と増える。若手のチャンスは広がっていると思います」と話す。

■映画専業は成り立たない

 別の側面で見ると、シネコンの増加でスクリーン数は増えているものの、単館系と言われるミニシアターは閉館に追い込まれている。14年に『ロング・グッドバイ』で、デビュー25年にして初めて連ドラに主演し、2017年は『A LIFE』に出演した浅野忠信の例が象徴的だが、活動の場を映画だけにこだわるのは今は厳しい。

 一方でテレビは、配信サービスの充実やスマートフォンの普及があり、若者のリアルタイム視聴が年々減少。ドラマをテレビで楽しむ層は40代以上が中心となり、その層に向けた作品ということで、ゴールデン・プライム(GP)帯(19~23時)では学園ものやラブストーリーではなく、刑事ドラマや医療系、職業ものが増えた。主演男優の年齢は総じて高め(グラフ2)。こちらは、映画出演歴の豊富なベテランも活躍できる場が多く、遠藤憲一のように、50代半ばにしてブレイクを迎える例も出てきた。また、深夜帯を中心に配信向けストックコンテンツを意識した若者向けドラマが増えてきたため、若手にも十分チャンスはある。

アート&レビュー

ALL CHANNEL