おいしくて幸せ! 東京ひとりパン巡りガイド

日経ウーマン

朝食時カウンターに並ぶのは焼きたてのパン・オ・ショコラやマドレーヌ、フィナンシェ、カヌレなど(PATH)
朝食時カウンターに並ぶのは焼きたてのパン・オ・ショコラやマドレーヌ、フィナンシェ、カヌレなど(PATH)
日経ウーマン

見た目が愛くるしいコッペパン、極上のパンブランチ―─。味わいも楽しみ方も、進化が止まらないパンの世界。この週末は、絶品パンを味わえるお店でひとり時間をゆったり堪能しましょう。

―― 08:00 ――

パス(PATH) フランスのおいしくて楽しい朝食時間を代々木公園で体験

(左)ダッチパンケーキ 生ハムとブッラータ1500円、パッションフルーツの発酵ジュース800円

朝8時、焼きたてのクロワッサンや焼き菓子の芳ばしい香りが店内いっぱいに広がるのは、代々木公園駅から徒歩5分のPATH。オーナー・パティシエは、フランスの「ミッシェル・トロワグロ」で研鑽(けんさん)を重ねた後藤裕一さん。着席して時間をかけて楽しむ、カウンターで焼き菓子とコーヒーをたしなむなど、多彩なパリの朝食スタイルを堪能できる。看板メニューのダッチパンケーキは、アツアツのうちに味わいたい。

朝食時に並ぶパンメニューで一番人気は、香ばしく風味豊かなクロワッサン290円

[DATA]東京都渋谷区富ヶ谷1-44-2 A-FLAT 1F 営業時間:8:00-15:00(14:00 L.O.)、18:00-24:00(23:00 L.O.) 月曜休、日曜休(月1回) 朝食には自家製グラノーラ700円、トレビス、キヌア、ザクロのサラダ(L)980円なども人気。

―― 09:00 ――

■カタネカフェ 栄養価もボリュームも満点。食べたいモノを凝縮した夢の朝食

代々木上原駅から徒歩10分ほどの閑静な住宅地にある

大人気のパン屋さん「カタネベーカリー」に併設されたカフェの朝食は、朝7時半の開店前から行列ができるほどの人気。おすすめはブランチセット。お替りOKのフランスパン、具を選べるオムレツ、新鮮な食材をたっぷり使ったサラダとスープ、自家製ジュース、自家製ヨーグルトのセットでなんと1500円! 手間ひまかけた滋味深い味わいに、胃も心も満たされるはず。

上階のベーカリーで販売。長時間発酵のフランスパン200円

[DATA]東京都渋谷区西原1-7-5 B1 営業時間:7:30-18:00 月曜休、第1・3・5日曜休 朝食はトースト200円。クロワッサン、そのほか3種のパン、ジュース、ドリンク付き「パリの朝食」700円、サラダorカップスープ付き1000円 (価格は税込み)

―― 10:00 ――

■POTASTA SENDAGAYA(ポタスタ 千駄ヶ谷) 旬の野菜や果物を挟んで “サラダを食べる”ためのサンド

スクランブルエッグ&ベジタブル500円、にんじんジュース280円、季節のスープ(写真はキュウリのコールドスープ)380円

薄切りパンに野菜や卵、ナッツ類などを、これでもかと挟み込んだ新感覚のサンドイッチ専門店。サンドイッチの具は朝採りの新鮮な旬野菜を使う。キャロットオレンジやタケノコレッドカレー、きんぴらサラダなど、ユニークなメニューばかりで何度でも通いたくなる。ベイクドアップルシナモンスイートポテトなど、デザート風のサンドもおすすめ。

爽やかな酸味が特徴。女子の朝食におすすめ。アサイーボール600円

[DATA]東京都渋谷区千駄ヶ谷2-1-6 マーシュストーン原宿ビル1F 営業時間:8:00-19:00 無休 店頭には季節の旬野菜がモリモリの約10種類のサンドイッチが並ぶ

―― 12:00 ――

3&1 Sandwich(トレエウーノ サンドイッチ) 極上イタリア料理を気軽にサンドイッチで楽しむ

赤身肉をたっぷり180gも使用したアンガス牛のステーキサンド1800円。イートインのみのメニュー。その他はテイクアウトも可

肉料理が自慢のレストラン「トラットリア29」が営業する、昼限定のサンドイッチ店。イタリア料理をベースにした肉と野菜のサンドイッチが全5種類。一番人気のアンガス牛ステーキサンドは、フィレンツェの郷土料理ビステッカをイメージしたもの。イタリア風モツ煮込みを大胆にパンに挟んだモツサンドもぜひ! どれも本場仕込みのイタリア料理を満喫できる味わい。肉食女子は必食だ。

ローストポークのサンドイッチ1200円。テイクアウトも可能

[DATA]東京都杉並区西荻北2-2-17 営業時間:11:30-14:00(13:30L.O.)  月曜休・月2回火曜不定休 ランチメニューは5種。グリル野菜のマリネとチーズのサンドイッチ900円、イタリアのモツサンド1200円など(各野菜のココット付き)

―― 14:00 ――

俺のBakery&Cafe 妥協のない高級食材で作った究極の食パンを心ゆくまで

厚焼きたまごサンドイッチ680円

「究極の食パンを作りたい」と、研究を重ねて誕生した逸品が今、食パンブームを巻き起こしている。そのお店が恵比寿にある「俺のBakery&Cafe」。北海道産小麦キタノカオリと完全放牧で育った岩手県中洞牧場の高級ミルクを使った食パンは、しっとりとミルキーで、ほのかな甘さが広がる。「3種食べ比べ」で食パン通になれそう! 1階は食パンの販売専門フロア。1日1000個は売れるという食パンに連日、大行列ができている。

俺の生食パン(2斤)1000円。焼かずにそのまま食べるのが最高

[DATA]東京都渋谷区恵比寿4-20-6 恵比寿ガーデンプレイス時計広場 営業時間:8:00-21:00(20:00L.O.)、パン販売は10:00完売次第終了 不定休 淡路玉ねぎのグラタントースト680円、イベリコ豚カツサンドイッチ980円なども人気。

―― 15:00 ――

大平製パン 愛らしい少女の焼き印がシンボル! コッペパン専門店

人気の定番コッペはあんこマーガリン180円、たまご250円。他に焼きそば、明太ポテト、ナポリタンなども人気

根津の人気ベーカリー「ボンジュール・モジョモジョ」の店主・大平由美さんが手掛けるコッペパン専門店。甘いおやつ向き、総菜系のごはん向きコッペパンが25種類以上も並ぶ。人気作、卵の質にこだわった「たまごコッペ」は、ほのかに甘くしっとり。昭和初期に建てられた民家を改装した店内は、懐かしい雰囲気で、ほっとした気持ちになる。

店内にはカウンター5席のイートインスペースもある
きなこクリーム150円。一度食べると誰もがリピートする味

[DATA]東京都文京区千駄木2-44-1 刈谷店舗 営業時間:8:00-19:00(イートイン18:00)、土日祝は18:00(イートイン17:00) 月曜休、他に月1回不定休 コッペパンはなくなり次第終了。コッペパン80円、マーガリン130円など約25種(税込み)

―― 16:00 ――

フルーツパーラー シシド 老舗青果店が手掛けるぜいたくすぎるフルーツサンド

フルーツのカットが大きいのが特徴。一番人気はスペシャルフルーツサンド864円(季節によりフルーツが変わる)

大正7年創業の老舗青果店がリニューアルして誕生した、話題のフルーツパーラー。地元の目利き客から愛されてきた上質の果物を、惜しみなく使ったサンドイッチが自慢。果物の本来のおいしさが引き立つフルーツサンドは、フルーツのカットが大きく見た目も美しい。生クリームやスプレッド、果物の下処理にもさまざまな配慮がなされた上品な味わいを楽しんで。

(左)季節限定のマンゴーサンド1080円 (右)巨峰サンド864円。そのほか、いちじくサンド864円やレモンサンドも新登場(税込み)

[DATA]東京都世田谷区松原3-29-18 営業時間:10:00-18:00(17:00L.O.) 不定休 パイナップルサンド、りんごサンド、パパイヤサンド各864円。静岡マスクメロンサンド1080円など季節限定品も。下高井戸駅0分

―― 17:00 ――

Mi Choripan(ミ・チョリパン) ブエノスアイレスで習得した本場の味を東京で

カスタムチョリパン(レタス、トマト、いため玉ネギ、ネギマヨネーズ、アルゼンチンサルサ、チミチュリソースのせ)1100円。アルゼンチンの国民的ビール・キルメス(550円)が合う

極太のチョリソーをパンで挟んだチョリパンは、アルゼンチン人のソウルフード。この味に引かれた店主・中尾真也さんが、ブエノスアイレスの屋台で修業し、帰国後チョリパン専門店をオープン。チョリソーやソースはすべて自家製で、注文を受けてから、1つずつ焼き上げる。パンも炭火で温める徹底ぶり。丁寧な仕事から生まれる極上の味は、現地の人もリピートするほど。

チョリパン750円にパクチー150円をトッピング。夏におすすめの組み合わせ

[DATA]東京都渋谷区上原2-4-8 営業時間:11:00-22:00、日祝は20:00まで 火曜休、第2.4月曜休(祝日の場合は営業) チョリパン750円。50~250円でトッピングメニューも多数用意。1500円以上購入の場合、近郊なら配達も可能 (税込み)

―― 18:00 ――

トーストサンドイッチ バンブー 伝説のサンドイッチ店が復活、こんがりローストサンドを堪能

殻ごと食べられるカニが丸ごと1匹!ソフトシェルクラブ1480円

40周年を迎えるイタリアンレストラン「表参道バンブー」。もともとサンドイッチハウスだったこの店が、ファンの希望に応えて今年4月にサンドイッチ専門店をオープン。殻ごと食べられるカニ1匹丸ごと入ったソフトシェルクラブ1480円は、クラフトビールとも相性抜群。鉄板でこんがり焼いたパンだからこそおいしさが増す絶妙な具材の組み合わせは、パン通をもうならせるほど。一皿料理の感覚で楽しみたい。

スタッフは全員女性。テイクアウトも可能。イートインは全12席
バンブーの定番サンド(富士豚のグリーンペッパーソース)850円

[DATA]東京都港区北青山3-5-23 1F 営業時間:10:30-22:30 不定休 ミルフィーユたまご550円、ローストビーフ1480円、海老アボカド1977 1080円。ビール各種480円 (税込み)

(ライター 山田貴美子、写真 中村香奈子)

[日経ウーマン 2017年8月号の記事を再構成]

注目記事