出世ナビ

デンシバ Spotlight

チケット買い占め高額転売 ネット規制は道半ば

2017/8/8

人気のチケットを手に入れるのは難しい

手に入らなかった人気のコンサートチケットがインターネットで高額で転売されていて悔しい思いをしたことはありませんか。チケットの高額転売はファンが楽しむ機会を奪うほか、やむなく転売市場で入手する人に割高な負担を押しつける問題を生んでいます。

ネットでチケットが買えるようになったことで、自動で大量に購入するプログラムが使えるようになりました。そして、手軽に転売ができるサイトも登場したことで、買い占めたチケットを高額で転売する人たちが現れました。

業界団体コンサートプロモーターズ協会の石川篤総務委員によると、6000枚発行したチケットのうち2000枚が転売サイトに出品されたこともあるそうです。転売サイト「チケットキャンプ」の運営会社の推計では、日本の転売市場は2016年時点で600億円規模に達しています。

チケット販売会社は買い占めと転売を防ごうと本人確認を徹底する対策に乗り出していますが、まだ手探りです。イープラスは携帯電話番号を使って確認する仕組みを導入しましたが、「電話番号での確認システムは破る方法がある」(石川氏)との指摘もあります。ぴあは総務省とマイナンバーカードを使った確認の仕組みを開発していますが、そもそもカードがあまり普及していないのが難点です。

海外では法律で取り締まる動きがあります。米国では人気チケットの60%がプログラムによって買い占められているとの推計もあり、16年にプログラムを利用してチケットを大量に買うことを禁止する法律ができました。英国でも同様の規制の動きがあります。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL