2017/8/18

from 日経Gooday

1986年時点の、対象者の1日当たりのグルテン摂取量の平均は、最高摂取群の女性が7.5g、男性は10.0g、最低摂取群では、女性が2.6g、男性は3.3gでした。2010年には、最高摂取群の女性が7.9g、男性は9.2g、最低摂取群はそれぞれ3.1gと3.7gになっていました。

予想通り、グルテンの摂取量が多い人ほど、全粒穀物と精製穀物の摂取量も多くなっていました。

26年間(227万3931人-年、注1)の追跡で、6529人(女性2431人、男性4098人)が冠動脈疾患を発症していました。内訳は、心筋梗塞による死亡が2286人(女性540人、男性1746人)、死に至らなかった心筋梗塞を経験した患者が4243人(女性1891人、男性2352人)でした。

最低摂取群の発症率は10万人-年あたり352、最高摂取群では277でした。ただし、既知の冠動脈疾患の危険因子などを考慮して分析すると、最高摂取群と最低摂取群の冠動脈疾患発症リスクに、統計学的に意味のある差は認められませんでした。つまり、長期にわたってグルテンを多く摂取していた人と、少ししか摂取しなかった人の冠動脈疾患リスクに差はないという結果になりました。

グルテンの主な摂取源は全粒穀物と精製穀物です。研究者たちは、それらを分けて分析してみました。すると、精製穀物の摂取量は冠動脈疾患リスクに影響を及ぼさない一方で、全粒小麦の摂取量が多いと、冠動脈疾患リスクが15%低下する可能性が示唆されました。

研究者たちは、「グルテンフリーに徹するために、体によい栄養素を豊富に含む全粒穀物を食べなくなると、逆に健康に害が及ぶ可能性があり、セリアック病ではない人々が冠動脈疾患予防を目的としてグルテンフリーダイエットを行うことは勧められない」と述べています。

論文は、2017年5月2日付の英国「BMJ(the British Medical Journal)」誌電子版に掲載されています[注2]

[注1]人-年:観察した年数と観察した人数を掛け合わせたもの

[注2]Lebwohl B, et al. BMJ 2017; 357 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.j1892 (Published 02 May 2017)

大西淳子
 医学ジャーナリスト。筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

[日経Gooday 2017年7月10日付記事を再構成]

注目記事