一味違うビール、アイス、かき氷 家で楽しむ家電4選

暑い夏を楽しくする最新家電を紹介する
暑い夏を楽しくする最新家電を紹介する

2017年もいよいよ8月に入り、夏本番を迎える。どうせ暑いなら、より夏らしいおいしいモノでリフレッシュしたい。冷蔵庫を使わずにアイスができる「アイスデリ プラス」や、アウトドアでもおいしいビールが飲める「パーティービアサーバー」など、暑い日にぴったりの家電を紹介する。

最新家電で一味違うアイスやビールを

「猛暑」と聞いて、買いたくなるものは何だろうか。調査会社インテージ(東京・千代田区)の調査によると、1位に挙がったのが「アイス・かき氷」。実際、「観測史上最も暑い夏」を記録した2010年のアイスクリームの販売金額は、前年比121%だったという。

一方、暑い日には、キンキンに冷えたビールが飲みたくなるという人もいるだろう。家で缶ビールや瓶ビールを飲むときも、あえてグラスに注いで、泡をつくるのがおすすめ。クリーミーな泡がビールにフタをするため、風味が変わるのを防いだり、口当たりをやわらかくしたりして、おいしいビールになる。

そこで今回は、自宅で一味違うひんやりデザートや、ビアホールさながらのビールが楽しめる家電を紹介する。

放っておけばアイス完成/アイスデリ プラス

アイスクリームメーカーといえば、事前にポットを8時間以上、冷凍室で冷やしておくものが一般的。そのため「思いついたときに作れない」「冷凍室のスペースを確保しておかなければならない」などの課題があった。その課題を解決した製品が、ハイアールジャパンセールスから登場した家庭用アイスクリームメーカー「アイスデリ プラス JL-ICM720A」だ。

予冷なしでもしっかり冷やし、市販品のような硬めのアイスクリームが作れるほか、ジュレや冷製スープにも対応する。実勢価格は1万6880円(税込。価格は2017年7月28日大手家電量販店ネットショップで確認。以下同)

アイスデリ プラスは、電子冷却方式(ペルチェ方式)を採用したアイスクリームメーカー。材料を入れてボタンを押すだけで冷却ポットが冷えるため、事前冷却をする必要がない。冷却しながら回転ブレードが材料を混ぜ続け、空気をたっぷり含んだなめらかなアイスクリームができる。濃厚アイスはもちろん、低カロリーアイス、無添加アイスなど、手作りならではのアイスクリームが放っておくだけで作れるのが魅力だ。

自動メニューは、しっかり食べごたえのあるアイスクリームが作れる「かため」やサクサクした食感が楽しめる「シャーベット」、冷たいジュースや冷製スープが作れる「冷スープ」など、仕上がりに応じて6段階用意。「かため」の場合、約300mlの材料から約700mlのアイスクリームが40~120分で完成する。

事前にポットを冷却しておくタイプは時間がたつと温度が上がってやわらかい仕上がりになりがちだが、アイスデリ プラスは冷たい状態で混ぜ続けられ、しっかり硬い仕上がりに。自動運転後は約3時間の保冷運転も行う
約0℃に冷やしながら混ぜる「ジュレ」や約5℃の「冷スープ」などのメニューも備え、「フリージング・クッカー」として幅広く活躍する

台湾風かき氷が自宅で/電動ふわふわとろ雪かき氷器

ちまたで人気の台湾風かき氷を自宅で作れるのが、ドウシシャの「電動ふわふわとろ雪かき氷器 DTY-17」だ。同製品は、昨年4月に登場した前モデル「DTY-16」が話題になり、昨シーズンだけで約10万台売り上げた。同社ハウスウェア商品DIVの青木響氏によると「当社では、2万~3万台売れればヒットという認識のため、10万台は例を見ない大ヒットだった」というが、今シーズンは、さらに上回る勢いで売れているという。

ふわふわ食感の台湾風かき氷が作れるとして前モデルは昨年大ヒット。実勢価格は5216円
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
超音波できめ細かい泡/スタンド型ビアサーバー
MONO TRENDY連載記事一覧