MONO TRENDY

私のモノ語り

秦基博 不思議な縁で10年の仲「ギブソンJ-45」

2017/6/29

秦基博さんが手にするのは、デビュー直前に手に入れたギブソンJ-45。ボブ・ディランやブルース・スプリングスティーンも愛用するアコースティックギターだ

『ひまわりの約束』などのヒット曲で知られ、包み込むような柔らかな歌声と心に優しく寄り添う言葉で歌いかけるシンガーソングライター、秦基博さん。「コレクション癖もないし、買い物は『できるだけ手短に済ませよう』と思っている」という秦さんが持ってきてくれたモノは、デビュー直前に出合った大切な「相棒」だった。

■デビュー直前、事務所にお金を借りて購入

秦さんが事務所からお金を借りて購入したという66年のギブソンJ-45。「はじめはルックスの良さに引かれた」という

「このギブソンJ-45は、デビューする直前の2006年に『プロユースのギターが欲しい』と事務所にお金を借りて、購入しました。うちは買ってくれるんじゃなくて、お金を貸してくれるんですよ(笑)。年式は1966年のものです。

東京・御茶ノ水の楽器店街で何軒もお店を回って、ようやく見つけたのですが、手にした時に『これかな』という不思議な感覚というか縁を感じました。

そもそもJ-45に絞って探していたわけではなく、いろいろなギターを見ていた中でこのJ-45に出合ったんです。はじめはルックスの良さに引かれました。ボディーの色味(チェリーサンバースト)と赤いべっ甲のピックガードの組み合わせを僕はあまり見たことがなかったですから。最初にパッと見たとき、それがJ-45ということも知りませんでした。

J-45を買う前は、同じギブソン社製のJ-160Eという、ジョン・レノンが弾いていて有名なギターを使っていました。そういえば、これも20歳の頃に親からお金を借りて買ったっけ(笑)」

■音楽以外の趣味なし。買うのも音楽関連ばかり

アーティストの中にはコレククターのように多くのギターを集める人もいるが、秦さんとギターとの付き合い方は異なるという。

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL