エンタメ!

それでも親子

俳優・平岳大さん 両親と同じ道 背中押した父

2017/6/23

1974年東京都生まれ。米ブラウン大から米コロンビア大大学院に進学。企業勤務を経て、27歳で舞台「鹿鳴館」でデビュー。8月公開の映画「関ケ原」に出演する。42歳。

 著名人が両親から学んだことや思い出などを語る「それでも親子」。今回は俳優の平岳大さんだ。

 ――父は故・平幹二朗さん、母は佐久間良子さん。両親とも有名俳優という実感は幼い頃からありましたか。

 「小学1年の授業参観に母が来た時、私が同級生のお母さんに『お母さんのサイン欲しい?』と話し掛けていたそうです。最初は周囲の反応を楽しんでいたようですね。でも小学4年で両親が離婚します。自宅に報道陣が押し掛けてきたり、通学電車の中づり広告に親の名前が出ていたり……。有名人の子供であることが一気に嫌になりました」

 「離婚前から父はあまり家にいた記憶がありません。別の授業参観の時、休み時間に相撲で遊んでいて、友達を強く投げ飛ばすのを見た父は『自分への怒りを友達にぶつけているのでは』と思い、泣いたそうです」

 ――高校1年の途中で米国に留学。両親の存在も影響した決断だったのですか。

 「中学はサッカー部。強豪校で厳しい練習を頑張りましたが、遠征で観衆が親の名前をささやくのが聞こえてきました。『こんなに一生懸命サッカーに打ち込んでも、遠征先でまで親のことを言われるのか』と思うと、日本から出て行きたくなりました」

 ――でも最終的に、日本で、両親と同じ仕事を選んだ。

 「米国時代はブロードウェーに通ったり、一時帰国した際は父の舞台を鑑賞したり、演劇自体は好きでした。父には『(年齢的に)遅すぎるよ』と言われましたが、最後は『好きなことをやればいい』と背中を押してくれました」

 ――両親から演技指導は。

 「父と食事すると演劇の話ばかりでしたが、互いの演技には触れないんですよ。でも毎回別れ際に一言だけ『あのシーンのあのセリフ、聞こえにくかったぞ』なんて言うんです。母はどちらかといえばテレビや映画の人なので、カメラ目線について指導されたことはありますが、舞台の演技には何も言いませんね」

 ――大河ドラマ「真田丸」では偉大な父の存在に葛藤する武田勝頼役が話題でした。

 「あんなに反響があるとは思いませんでした。脚本の三谷幸喜さんは(役者の個性に合わせた)『当て書き』をする方。私の境遇を何かしら投影したのかもしれませんね。勝頼の『憎んでいるけど同じぐらい愛している』という心境は理解できます」

 ――お父さんは昨年10月に亡くなられました。

 「前日に双子の妹の家を一緒に訪ねました。孫を抱きながら『君たちには、こんなことをしてあげられなかった。許してくれるか』と聞かれました。私も妹も『家庭のために何かを我慢して平凡な俳優になるより、自分の道を突き進んでくれて正解でしたよ』と言ったら、涙ぐんでましたね。帰り道、背負っていた重荷を降ろしたような、晴れ晴れとした表情だったのが忘れられません」

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL