MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

星野源のブレークに予兆 テレビ出演とツイートの法則

日経ビッグデータ

2017/6/26

日経ビッグデータ

 2016年秋までツイート・ランクでもテレビ話題ランクでも下位だった星野源。ところが「T Ratio」と呼ぶ指標で何度も高スコアを記録し、テレビ露出が伴えば一気にブレークする予兆があった――。「T Ratio」を考案したのは過去10年以上にわたって国内のテレビ放送内容をメタデータ化し続けているエム・データ。テレビ放送データにTwitter投稿データを掛け合わせることで、タレントがブレークする法則が見えてきた。

■テレビ番組露出とTwitterデータで分析

 テレビに出演している数多くのタレント、その中からいち早く次にブレーク(ネクストブレーク)する人の予兆をつかめないか──。そんな相談が寄せられているのがテレビ・メタデータの制作、提供を行うエム・データの社内研究機関であるライフログ総合研究所(Life Log Lab.)だ。

 テレビに露出したタレントに対して、実際に人々はどのような反応をしているのか、その傾向がつかめればネクストブレーカーの予測も可能になるかもしれない。

 ライフログ総合研究所では、2016年の1年間に関東の地上デジタルで放送された全番組データから、露出時間上位3000人のタレントを抽出。合わせてTwitterデータを扱う角川アスキー総合研究所の協力を得て、この3000人の投稿データを取得し、テレビの露出傾向と投稿動向を分析した。

■羽鳥アナは543万秒露出、嵐は1081万回ツイート

 2016年に最も多くテレビに出演したのは羽鳥慎一アナウンサーで、総出演時間は543万8220秒、日数換算で62.94日となり1年間で約2カ月間テレビに出続けたということになる。同時期に最もTwitterに投稿された人・グループは嵐。383万4327のアカウントが1081万80回投稿(ツイート)しており、毎日約1万人がそれぞれ約3回つぶやいていた計算になる。

 では、テレビ露出とツイートの関係はどうか。テレビ出演秒数とTweetアカウント(人)数の2軸でタレントごとの散布図を描くと、出演時間が多くなるほどツイートは少なくなる傾向がある。テレビ出演だけでは話題にはならないか、むしろマイナスという結果だ。

 2016年TV出演総秒数(本人出演、関東地上波全局)× Twitterアカウント数(円の大きさはツイート件数)

 続いて本人の出演ではなく、そのタレントに関する話題が露出した秒数をツイート人数と比較をした。すると今度は「話題露出」が増えるほどツイート数が増えていくという傾向が現れた。

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL