強さだけじゃない 『美女と野獣』にみる理想の女性像

ディズニー・アニメーションを実写化した映画『美女と野獣』が大ヒット上映中です。オリジナル版の映画『美女と野獣』は1991年に公開され、アニメーション作品としては、史上初のアカデミー賞作品賞にノミネートされた名作です。今回はそのヒロイン像をテーマに考えてみたいと思います。

原作は18世紀にフランスで書かれた小説です。映画としてはジャン・コクトーが監督した作品も知られています。姿やかたちに惑わされず、美しい心で誰とでも接している女性に王子様が現れて真実の愛をつかむ……夢物語のようですが、多くの女性がその世界観に酔いしれます。

実写版には現代を反映

不朽の名作として語り継がれる物語ですが、ディズニーが制作する映画は現代を色濃く反映させています。映画には有色人種が多数登場しますし、同性愛を連想させるシーンもあり、ダイバーシティー(人材の多様性)に配慮しているように感じます。そもそもダイバーシティーは主人公である美女(ベル)と野獣の愛の根幹ともいえるかもしれません。

ディズニーはアニメを実写版に制作し直す際にヒロイン像も時代に合わせて変化させているのだそうです。例えば2年前に公開された実写版『シンデレラ』は、アニメーション作品よりも、強い目的意識や道徳心、不屈の精神を持っている女性が主人公でした。

来日したケネス・ブラナー監督を取材した際、監督はヒロインの描き方について、次のように語っています。

「男性次第でシンデレラの人生が変わることのないように気をつけた。彼女の人生は魔法が全て解決してくれるようなたやすいものではない。魔法の助けは借りつつも、人生を自分自身で切り開いていく。

パートナーとなる相手にも、受け身ではなく、お互いを高め合いチャレンジし合う関係を求めている。自分らしく生きることを恐れない強い女性なのだ」と語っています。

実写版『シンデレラ』では、表層的に着飾るわけでもなく、誰かと比べるのではなく、自分にとって何が幸せなのか、自身の力で決断し前進していくヒロインの姿が描かれていました。

21世紀の強い女性像を体現

実写版『美女と野獣』でも、来日したビル・コンドン監督が同じようなメッセージを伝えています。

「オリジナル版は子供向けとも言えるが、すでに大人だった私が夢中になったように、誰にとっても素晴らしい作品だ。1991年当時、男の子よりも本が好きなベルは革新的なディズニーのヒロインと称されていたが、その後25年が過ぎ、21世紀の強い女性像・ベルを主演のエマ・ワトソンが体現してくれた。

オリジナル版では本が大好きで知識豊富なベルまでは描かれていたが、実写版ではその知識を周りにも共有していく。例えば、小さな女の子たちが読み方を学べる時間ができるよう、洗濯機のようなものを発明するのだ」と、語っています。