ヘルスUP

日経Gooday 30+

お酒で顔が赤くなる人「骨粗しょう症・骨折」に注意

日経Gooday

2017/6/1

お酒を飲むと顔が赤くなりやすい人は将来の骨折に要注意(c)PaylessImages-123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

 日本人の約半数はお酒に弱く、飲酒により顔が赤くなる体質だといわれています。慶應義塾大学医学部整形外科学教室の研究者らは、お酒を飲むと顔が赤くなる人では、飲酒とは無関係に、骨粗しょう症とこれによる大腿骨近位部骨折(大腿骨の付け根付近の骨折)のリスクが高いことを明らかにしました。

■脚の付け根を骨折しやすい体質は遺伝する?

大腿骨の付け根付近の骨折は寝たきりのきっかけになりやすい(c)Sebastian Kaulitzki-123rf

 骨の内部がスカスカになって骨折しやすくなる骨粗しょう症の患者に発生する、最も深刻な骨折が大腿骨近位部骨折です。この部分を骨折すると、ほとんどの場合手術を受けることになり、長期間にわたって歩行が困難になります。このため、特に高齢者では治療期間中に急激に足腰が弱り、骨折が治っても寝たきりや要介護状態になってしまうケースがたくさん見られます。

 以前から、家族の中に大腿骨近位部骨折を経験した人がいる場合には、自身もこの骨折を起こしやすいことが知られており、遺伝子が関係するのではないかと推定されていました。そこで著者らは、大腿骨近位部骨折のリスクに、アルコールを代謝する酵素の一つである2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の遺伝子の変異が関係するのではないかと考えました。

 ALDH2は、アルコールが体内で分解される過程でできる有害物質であるアセトアルデヒドを酢酸に変える酵素です。このALDH2を構成するアミノ酸の1つが、「rs671」と呼ばれる特定の変異によって別のアミノ酸に入れ替わると、アセトアルデヒドの代謝が遅くなる、または進まなくなり、「お酒に弱い人、または全く飲めない人」になることが分かっています。こうした体質の人は、飲酒すれば顔が赤くなることが知られています。

 この変異を持つALDH2はALDH2*2と呼ばれます。ALDH2*2の保有率は人種により異なり、日本を含む東アジアで最も高いことが明らかになっています。

 ALDH2*2を持つモデルマウスでは、アルコールを与えなくても、血清中のアセトアルデヒド濃度が正常マウスより高いことが示されており、この酵素は、アルコールの代謝以外にも、日常的に何らかの機能を果たしていると考えられています。また、慶應義塾大学の研究者らは先に、このモデルマウスの骨量が正常マウスに比べ低いことを明らかにしていました。

 そこで今回は、骨粗しょう症リスクの高まる閉経後の女性を対象に、ALDH2*2の保有と、大腿骨近位部骨折および骨粗しょう症の関係を調べました。(1)大腿骨近位部骨折と診断された女性、または、(2)骨密度の測定結果に基づいて骨粗しょう症と診断された女性のうち、一定の条件を満たした248人を骨粗しょう症群としました。うち92人は大腿骨近位部骨折、156人は骨粗しょう症と診断されていました。一方、骨折と骨密度の低下が見られなかった48人を正常群としました。

■骨折・骨粗しょう症の人はALDH2*2の保有率が2倍以上

 骨粗しょう症群のうち、骨折があった92人中53人(57.6%)がALDH2*2を保有していました。正常群では48人中17人(35.4%)でした。骨折のある人がALDH2*2を保有している可能性が正常群に比べてどれだけ高いか(オッズ)を計算すると、2.48倍で、対象者の年齢とBMIを考慮しても、2.33倍になりました。

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL