「おとぎの国」のような美世界 少数民族セトゥの王国

日経ナショナル ジオグラフィック社

[フォトギャラリー]「おとぎの国」のようなセトマー王国の伝統と文化

(PHOTOGRAPH BY JEREMIE JUNG)

85歳のイェヴゲニ神父。「半分の信者」(正教会の信仰と異教信仰を併せ持つことから、熱心なロシア正教徒からはこう呼ばれる)であるセトゥ人のために、過去40年間にわたりペツェリ・ヴァルヴァラ教会(現在は国境のロシア側に位置する)で司宰を務めてきた。しかし彼の聖職者歴はそれよりもずっと長い。「私が教会で司宰するようになってから70年になります。ヴァルヴァラ教会に来るようになったのは40年前です。エストニア語で儀式を行える者が私しかいなかったからです。当時、教会に来る人間の半数はセトゥ人で、聖歌隊はエストニア語で歌い、祈りの言葉もエストニア語でした。しかし今はもう、エストニア語で司宰する必要はありません」。国境のロシア側には現在、エストニア語を話すセトゥ人はほとんどいない。

(PHOTOGRAPH BY JEREMIE JUNG)

生神女就寝祭の日、ペチョールィ修道院の周囲をイコン(聖像)を掲げた行列が巡る。市民とロシア軍兵士が協力して、熱心な信者たちから聖像を保護する。信者の中には、国境の両側からやってくるセトゥ人もいれば、ロシア正教徒もいる。

(PHOTOGRAPH BY JEREMIE JUNG)

生神女就寝祭の日には、奇跡を起こすと信じられている「就寝のイコン」が教会から運び出されてペチョールィ修道院の周囲を巡る。行列に従う信者たちは司祭から祝福を受ける。生神女就寝祭はロシア正教会の祝祭だが、正教会の信仰と異教信仰を併せ持つセトゥ人にとっても重要な行事だ。多くのセトゥ人が、ソ連崩壊以前は厳密に定められていなかった国境線を越えてエストニアからやってくる。

(PHOTOGRAPH BY JEREMIE JUNG)

国境のエストニア側にあるペチョールィ修道院を見下ろす丘の上で、ペコ神の像の横に立つセトマー王国の前副王、アールネ・レイマ氏。毎年選挙で選ばれる副王と女王は、夢を通じてペコ神と交信できると信じられており、そのメッセージをセトゥ人に届ける役割を担う。

(PHOTOGRAPH BY JEREMIE JUNG)

国境のエストニア側にある小さな画廊で、ロシアのモルドヴィアから来た旅行者の一団を、伝統的な衣装でもてなすマリカ・ケールパルさん。旅行者たちはセトゥ語に似たエルジャ語という言語を話す。マリカさんが髪の毛全体を覆っているのは既婚の印だ。彼女の背後の絵に描かれているのは、20世紀初頭、破天荒な歌い手として名声を博したセトゥ人女性、ヒラナ・タールカ。

(PHOTOGRAPH BY JEREMIE JUNG)

国境のエストニア側で最も規模の大きなセトゥ人の村ヴァルスカで暮らし、学校に通うヤネ・ヴァコさん。セトゥの若者は多くが地元を離れて大きな町に移り住むが、自分はそうしたくないとヤネさんは言う。「私は今年で学校を卒業します。その後は世界を見て回りたいです。これはとても大切なことです。でも私は戻ってきます。どのくらい長くかかるかはわかりませんが、でもきっと戻ってきます」。ヤネさんはその理由を、自分と同じ民族の人たちと一緒にいたいから、そしてセトゥの森なしでは生きていけないからだと語る。「私は森の中で何時間も鳥たちを眺めて過ごします」

(PHOTOGRAPH BY JEREMIE JUNG)

オビニツァの祖父母の家の庭に立つリーシ・ルイヴさん。この衣装は冒頭の写真よりも新しく、色鮮やかだ。セトゥの女性は、伝統衣装を着るときには常に銀の装身具を身に着ける。裕福な家の女性ほど、身に着ける装身具の数が増える。この装身具が立てる金属音については、こんなことわざがあるという。「女性は姿を見られる前に、音を聞かれなければならない」

(PHOTOGRAPH BY JEREMIE JUNG)

エヴァル・リーツァール氏の母親の友人の葬儀に集まった人々。儀式を執り行うのはヴィクトル・メリク神父。

(PHOTOGRAPH BY JEREMIE JUNG)

「変容の祝日」はセトゥ人にとってもロシア正教の信者にとっても神聖な日だ。オビニツァで行われる正教会の聖体礼儀の後、セトゥ人は墓地に集まり、亡くなった先祖や愛する人たちがまだ生きているかのように、食べ物を分け合う。

(PHOTOGRAPH BY JEREMIE JUNG)

オビニツァに立つ、セトゥの歌の母と呼ばれるセトゥ・ラウルイマの像。1995年、彫刻家のエルマル・レバネ氏が完成させた。ラウルイマとは、セトゥ人の伝統的な多声歌唱セトゥ・レーロを歌う聖歌隊を代表する歌い手のこと。この像は、歌う母親の象徴とされているが、特に有名な3人のセトゥ人歌手、ヒラナ・タールカ、ミコ・オデ、イル・マトッリナを称える意味も持っている。

(文 Eve Conant、訳 北村京子、日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2016年11月16日付記事を再構成]

ナショジオメルマガ
注目記事
ナショジオメルマガ