アート&レビュー

エンタウオッチング

『美女と野獣』 日本では恋愛色を強調、大ヒット狙う

日経エンタテインメント!

2017/4/20

 1991年に公開され、アニメーション映画として初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされたディズニーの名作『美女と野獣』が実写映画化された。『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニーで知られるエマ・ワトソンがベル役、テレビドラマ『ダウントン・アビー』で注目を集めたダン・スティーヴンスが野獣役を演じる。監督は『ドリームガールズ』のビル・コンドン。今年はミュージカル映画の当たり年とあって、本作は興行収入100億円を超える大ヒットが期待されている。

『美女と野獣』 91年に大ヒットした主題歌を新たに歌うのは人気アーティスト、アリアナ・グランデとジョン・レジェンド。(4月21日全国公開、ウォルト・ディズニー・ジャパン配給)(c)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ある城に、魔女に呪いをかけられ野獣の姿に変えられた王子がいた。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散るまでに、誰かを愛し、愛されなければ永遠に人間の姿には戻れない。希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの前に、村の美しい娘ベルが現れる――。

 『美女と野獣』といえば、アカデミー歌曲賞に輝いたメインテーマをはじめとするミュージカルナンバーも大きな魅力の1つだ。実写版でも、それらなじみの曲が使用されている。そこで気になるのは、エマ・ワトソンの歌声だろう。ミュージカル経験のないワトソンだが、本作では美しい声を披露。歌い上げるというより、語るように歌う爽やかな声質が印象的だ。

『美女と野獣』といえばミュージカルナンバー。アラン・メンケン(作曲)とハワード・アシュマン(作詞)によるアニメーション版の楽曲に、メンケンが新たにティム・ライス(作詞)と組んで作り上げた3曲の新曲が加わっている

 アニメーションの世界観はCGで再現される。給仕頭ルミエール(ろうそく台)と執事コグスワース(置時計)の名コンビをはじめ、料理番ポット夫人(ティーポット)など、アニメーション版で個性が際立っていた城の住人たちは、より愛嬌のある姿に。また、城の住人たちがベルをもてなしながら歌い踊る『ひとりぼっちの晩餐会』や、主題歌『美女と野獣』に乗せてボールルームで黄色いドレスを着たベルが野獣と踊る場面といった、アニメーション版での名シーンの数々は、豪華絢爛さをさらに増して実写化されている。

 注目したいのは、より繊細に描かれる野獣だ。俊敏で力強い動きをする一方、目は繊細に動き、心の陰や細かい芝居がしっかりと伝わる。野獣の作成にあたって、体の動きをデータ化してコンピュータに取り込む「パフォーマンス・キャプチャー」と、顔の動きをデータ化する「フェイシャル・キャプチャー」を併用。実際にダン・スティーヴンスがエマ・ワトソンと演技をした際の動きが取り入れられており、目の部分はダン・スティーヴンスの目が使われている。

■ミュージカル界の名優集結

 本作は、日本語吹き替え版も人気を集めそうだ。「プレミアム吹替版」と称し、ベルの声を務める昆夏美、野獣役の山崎育三郎をはじめ、島田歌穂、濱田めぐみ、吉原光夫らミュージカル界で活躍している俳優を中心にキャスティングされている。日本語で歌われるミュージカルナンバーの数々に酔いしれたい。

 『美女と野獣』は今なお原作の人気が高いうえに、劇団四季のミュージカル公演もあり、知名度は抜群。興収100億円を超える可能性は十分あると見込む関係者は多い。配給するウォルト・ディズニー・ジャパンでは、日本の市場にあわせたマーケティング戦略をとって、大ヒットを狙っている。宣伝ビジュアルなどで恋愛色を強調したことと、観客の好みにあわせて複数の上映バージョンを用意したことだ。

 アメリカ版のポスターは、ベルと野獣を中心に他のキャストも掲載したミュージカル風の構図になっている。しかし日本では、主役のベルと野獣のみに焦点をあてたビジュアルを採用し、2人の愛の物語を強調。ディズニーファンや大人の女性にアピールする。

 また本作は字幕版、吹き替え版、3D版と様々な選択肢を用意し、劇場によって上映バージョンを変えるという。ファミリーから大人まで幅広い層の来場、さらにリピーター客も呼び込み、息の長いヒットにする構えだ。

チラシの表面
チラシの裏面。プレミアム吹替版のキ ャストが掲載されているが、脇役まで載るのは珍しい

(ライター 相良智弘)

[日経エンタテインメント! 2017年5月号の記事を再構成]

アート&レビュー

ALL CHANNEL